労働安全衛生総合研究所

労働安全衛生総合研究所とは

独立行政法人労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所

労働者の安全と健康を守る

労働安全衛生総合研究所は、科学的な研究活動によって、 職場における労働者の安全、及び、健康の確保に資する 研究を続けています。

労働安全衛生総合研究所の役割

働く方々が職場で、または仕事に起因して負傷したり、病気になったり、ましてや死亡するようなことは、本人や家族にとって大変に 不幸なことであることはもとより、国の産業の健全な発展にとっても看過できない問題です。事業者、労働者、行政等の関係者が一丸 となって安全で健康な職場環境の実現のためにそれぞれの役割を果たさなければなりません。

労働安全衛生総合研究所は、厚生労働省所管の独立行政法人労働者健康安全機構におかれた研究所であり、事業場における災害の予防並びに労働者の健康の保持増進、及び、職業性疾病の病因、診断、予防その他の職業性疾病に係る事項に関する総合的な調査及び研究を行うことにより、職場における労働者の安全及び健康の確保に資することを目的としています。

当研究所は、本目的の達成のため、理学、工学、医学、健康科学等様々の観点から総合的・専門的に労働災害防止のための調査研究を 行い、行政施策の立案・実施に科学技術的側面から貢献するとともに、事業者等において事業場の安全衛生の確保・向上が図られるよ う、調査研究等により得られた知見の積極的提供等に努めています。

基本方針及び研究分野

労働安全衛生総合研究所は、わが国で唯一の「産業安全及び労働衛生」分野における総合的研究機関として、「職場における労働者の 安全及び健康の確保」に資するため、以下の分野を重点として事業を展開しています。

  • ○ 産業社会の変化により生じる労働安全衛生の課題に関する研究
    労働者の働き方等が変化することに伴い、職場のストレス、長時間労働及び交替制勤務等がメンタルヘルスなどの健康に及ぼす影響に ついて分析し、その予防に関する研究を実施しています。また、技術革新等により新たに産業現場で取り扱われる新材料や新技術に起因する 労働災害に対する予防的対応に関する研究を実施しています。

  • ○ 産業現場における危険・有害性に関する研究
    労働災害の多発している作業、起因物質等に着目し、墜落、爆発、化学物質、物理的要因等現場における危険・有害性について分析 し、講ずべき対策に関する研究を実施しています。

  • ○ 職場のリスク評価とリスク管理に関する研究
    職場における危険・有害因子へのばく露評価手法、リスク評価法等の確立や、リスク管理を効果的に実施していくための支援ツールの 開発に関する研究を実施しています。

JNIOSHについて

組織について