労働安全衛生総合研究所

作業環境研究グループ

作業環境研究グループは、労働者の健康障害防止のための作業環境管理を適切に行うために、化学物質や粉じんの測定方法や評価方法、あるいは発生予測などの研究を行っています。

鉱物粉じんや金属ヒュームなど浮遊粒子状物質の物性把握、化学物質や粉じんの詳細な分析など、生体影響解明の基礎となる研究から、産業変化に伴い新たに問題となっているナノ粒子の計測方法の開発、呼吸保護具や工場排気対策に使われる吸着剤の研究、局所排気装置の性能評価など、現場の環境改善に関する研究も行っています。

研究内容

有害ガスの吸着剤の研究 有害光線の計測・評価
有害ガスの吸着剤の研究 有害光線の計測・評価

研究員一覧

氏名 専門分野 詳細(外部サイト)
部長 小野 真理子 作業環境空気中の有害物の測定法の開発 小野真理子詳細
篠原 也寸志 地球科学 篠原也寸志詳細
小嶋  純 作業環境管理 小嶋純詳細
鷹屋 光俊 労働衛生工学、分析化学、労働環境空気中粒子状有害物質の測定および管理方法 鷹屋光俊詳細
萩原 正義 作業環境空気中の有機溶剤の分析法の開発 萩原正義詳細
安彦 泰進 有害物質の吸着材料の基礎と応用 安彦泰進詳細
中村 憲司 環境分析、労働衛生工学 中村憲司詳細
山田 丸 エアロゾル、粉じん計測 山田丸詳細
井上 直子 分析化学 井上直子詳細
加藤 伸之 数値計算、環境分析
菅野 誠一郎 作業環境中の有害物の分析法の開発 菅野誠一郎詳細
韓 書平 リスクアセスメント、分析化学、ばく露評価、生物学的利用能

最近の研究テーマ

ここをクリック

研究グループ 研究活動の紹介

研究グループ