労働安全衛生総合研究所

産業毒性・生体影響研究グループ

 産業毒性・生体影響研究グループは、産業現場で発生したさまざまな中毒性疾病(職業性がんなど)の病因や発生メカニズムなどについて、実験研究を主とした研究を行っています。また、職業性疾病の発生を予防するために、健康影響が懸念される化学物質や物理因子などの有害性についての評価および性・年齢・個人的素因などの要因が職業性疾病の発症に与える影響の研究にも取り組んでいます。さらに、職業性疾病を早期発見し生体影響を検出評価するために有効な指標や、有害物質へのばく露の程度を知るための体内指標を見出す研究も行っています。最近の主要な研究テーマには化学物質の遺伝子損傷、生殖、免疫および神経行動影響などが含まれます。

研究内容

毒性研究で使用する吸入ばく露装置 病理組織学的検索により化学物質の生態影響を評価する マウスの学習行動の変化から化学物質が神経系高次機能に及ぼす影響を解析する 化学物質による遺伝子DNAの損傷を細胞の電気泳動と画像解析により検出する(コメットアッセイ画像)
毒性研究で使用する
吸入ばく露装置
病理組織学的検索により
化学物質の生態影響を評価する
マウスの学習行動の変化から
化学物質が神経系高次機能に
及ぼす影響を解析する
化学物質による遺伝子DNAの
損傷を細胞の電気泳動と
画像解析により検出する
(コメットアッセイ画像)

研究員一覧

氏名 専門分野 詳細(外部サイト)
部長 王 瑞生 労働衛生、毒性学、産業保健 王瑞生詳細
久保田 久代 病理組織学、微細形態学 久保田久代詳細
須田 恵 分析化学(神経伝達物質・有機溶剤代謝物等の生体内物質に特化) 須田恵詳細
三浦 伸彦 金属毒性学、時間毒性学、精巣機能障害、メタロチオネイン 三浦伸彦詳細
小林 健一 生殖発生毒性、内分泌生理 小林健一詳細
山口 さち子 医用生体工学、医療安全、MRI、電磁界 山口さち子詳細
北條 理恵子 行動毒性学、脳の病理組織学 北條理恵子詳細
柳場 由絵 衛生学、環境労働衛生学、毒性学 柳場由絵詳細
豊岡 達士 分子毒性学, 遺伝毒性学, 分子発癌学, 光生物・光毒性学, 環境毒性学, 放射線生物学 豊岡達士詳細
柏木 裕呂樹 細胞毒性学、放射線生物学
(実験動物管理室)
室長 安田 彰典 免疫学(NK細胞・ストレス)、環境生理学、温熱環境測定(PMV)、病理学 安田彰典詳細

最近の研究テーマ

ここをクリック

研究グループ 研究活動の紹介

研究グループ