このページではJavaScriptを使用しています。

メニューへジャンプ
ここから本文

ホーム >> 研究員の公募について

研究員の公募について(募集要項)

(締め切りました)


 独立行政法人労働安全衛生総合研究所は、以下のとおり研究員を公募します。

第1 安全研究領域(機械安全、建設安全、化学安全、電気安全、人間工学・リスク管理)

1 採用予定数

(1)機械安全(制御・システム系) 若干名

(2)建設安全(地盤系、構造系) 若干名

(3)化学安全 若干名

(4)電気安全 若干名

(5)人間工学・リスク管理 若干名

2 研究内容

事業場における労働災害の予防に関する調査及び研究のうち、主に以下に掲げる業務

(1)機械安全(制御・システム系)

  • 産業災害の予防のための機械、器具、その他の設備及びその取扱いに関する調査研究
  • 機械設備の安全制御技術(フェールセーフ、インターロック、機能安全など)に関する調査研究
  • ロボット、工作機械、物流機械等の安全装置の開発及び安全性・信頼性評価に関する調査研究

(2)建設安全(地盤系又は構造系)

  • 産業災害の予防のための建設工事で使用する機械、器具、その他の設備及びその取り扱いに関す る調査研究
  • 地盤崩壊による労働災害の防止に関する調査研究 (地盤工学、土木施工学に関連した研究分野)
  • 仮設構造物の倒壊災害、墜落災害など建設労働災害の防止に関する調査研究(構造工学、材料力 学等に関連した研究分野)

(3)化学安全

  • 爆発火災危険性を有する物質、反応に起因する産業災害の予防のための機械、器具、その他の設 備及びその安全管理に関する調査研究
  • 産業災害の予防のための物質、反応の爆発火災危険性の評価に関する調査研究

(4)電気安全

  • 漏電、絶縁劣化、電磁ノイズ、放電現象などの電気的要因による労働災害を防止するための調査 研究
  • 放電を着火源とした爆発災害防止のため、絶縁劣化などに起因する放電現象から着火性を評価す る手法等に関する調査研究

(5)人間工学・リスク管理

  • 保護具の開発・評価に関する研究等、労働災害防止のための人間工学に関する調査研究
  • 労働災害防止ためのリスクマネジメント、ヒューマンエラーに関する調査研究

3 応募資格

上記2のそれぞれの研究内容について調査研究を遂行できる専門領域で、博士若しくは修士の学位 を取得している者(採用時において取得が見込まれる者を含む。)又はこれと同等以上の専門的能力を有す る者

4 採用形態

原則として、任期付研究員として採用する。ただし、原則として3年間の任期付研究員として勤務す るが、勤務成績により任期途中又は任期終了時に再審査の上、任期を付さない研究員として採用す ることがある。

5 処遇

当研究所任期付研究員給与規程等に基づき決定する。

6 採用期日

平成21年9月1日から平成22年4月1日までの間で、採用内定後に双方で協議の上、決定する。

第2 健康研究領域(予防医学、基礎・臨床医学、健康科学、生命科学)

1 採用予定数

若干名

2 研究内容

事業所における労働者の健康の保持増進及び職業性疾病の病因、診断、予防その他の職業性疾病に関する 総合的な調査研究のうち、主に以下に掲げる業務

  • 労働者の健康状態の評価技術及び健康管理の技術的方法に関する調査研究
  • 労働時間、休憩時間その他の作業条件が労働者の健康に及ぼす影響に関する調査研究
  • 労働者の身体的諸条件に応じた作業条件の適正化に関する調査研究
  • 作業環境における諸条件が労働者に及ぼす生理的及び心理的な影響に関する調査研究
  • 労働に伴う精神的負荷が労働者の健康に及ぼす影響に関する調査研究
  • 職業性疾病の病因及び発生機序に関する調査研究
  • 労働者の個人的素因が職業性疾病の発生に及ぼす影響に関する調査研究
  • 職業性疾病の早期発見のための指標の開発に関する調査研究
  • 職場で有害性が確定していない因子による健康障害の発生予測並びに評価に関する調査研究
  • 職業性疾病についての疫学的調査及び研究に関する調査研究
  • 有害因子の人体に対する許容度に関する調査研究

3 応募資格

(1)大学の医学部出身で日本の医師免許を取得し、公衆衛生学、衛生学、疫学等の予防医学の卒後教育を 受けた者又はこれと同等以上の専門的能力を有する者

(2)医師免許を取得し、基礎・臨床医学の卒後教育を受けた者又はこれと同等以上の専門的能力を有する者

(3)健康科学、生命科学に関する博士若しくは修士の学位を取得している者(採用時において取得が見込まれる 者を含む。)又はこれと同等以上の専門的能力を有する者

4 採用形態

原則として、任期付研究員として採用する。ただし、原則として3年間の任期付研究員として勤務す るが、勤務成績により任期途中又は任期終了時に再審査の上、任期を付さない研究員として採用す ることがある。

5 処遇

当研究所任期付研究員給与規程等に基づき決定する。

6 採用期日

平成21年9月1日から平成22年4月1日までの間で、採用内定後に双方で協議の上、決定する。

第3 環境研究領域(労働衛生工学、人間工学、環境科学)

1 採用予定数

若干名

2 研究内容

事業所における労働者の健康の保持増進及び職業性疾病の病因、診断、予防その他の職業性疾病に関する 総合的な調査研究のうち、主に以下に掲げる業務

  • 作業環境の測定及びその結果の評価に関する調査研究
  • 職場の環境改善に関する調査研究
  • 作業環境中の有害因子の発生の予測に関する調査研究
  • 労働者が使用する機械、器具その他の設備の人間工学的な見地からの評価及び標準化に関する調査研究
  • 作業環境中の有害因子を除去する工学技術に関する調査研究
  • 労働衛生上必要な保護具の改善に関する調査研究

3 応募資格

労働衛生工学、人間工学、環境科学に関する博士若しくは修士の学位を取得している者(採用時において取得 が見込まれる者を含む。)又はこれと同等以上の専門的能力を有する者

4 採用形態

原則として、任期付研究員として採用する。ただし、原則として3年間の任期付研究員として勤務す るが、勤務成績により任期途中又は任期終了時に再審査の上、任期を付さない研究員として採用す ることがある。

5 処遇

当研究所任期付研究員給与規程等に基づき決定する。

6 採用期日

平成21年9月1日から平成22年4月1日までの間で、採用内定後に双方で協議の上、決定する。

第4 その他(統計学、経済学、社会学)

1 採用予定数

若干名

2 研究内容

事業所における労働者の健康の保持増進及び職業性疾病の病因、診断、予防その他の職業性疾病に関する 総合的な調査研究のうち、主に以下に掲げる業務

  • 労働安全衛生研究において必要となる疫学・統計学に関する調査研究
  • 労働安全衛生に関する情報の収集・集約・評価に関する調査研究
  • 労働安全衛生研究の経済効果を含めた労働対策への効果に関する調査研究

3 応募資格

統計学、経済学、社会学に関する博士若しくは修士の学位を取得している者(採用時において取得が見込ま れる者を含む。)又はこれと同等以上の専門的能力を有する者

4 採用形態

原則として、任期付研究員として採用する。ただし、原則として3年間の任期付研究員として勤務す るが、勤務成績により任期途中又は任期終了時に再審査の上、任期を付さない研究員として採用す ることがある。

5 処遇

当研究所任期付研究員給与規程等に基づき決定する。

6 採用期日

平成21年9月1日から平成22年4月1日までの間で、採用内定後に双方で協議の上、決定する。

  

〔以下の事項は、上記第1から第4の採用に関する共通事項です。〕

第5 提出書類

  1. 履歴書(市販の横書履歴書用紙を用い、大学卒業以降の学歴・職歴を記入し、写真を貼付すること。)
  2. 主要研究の概要(1,200~1,500文字程度・A4版で様式は任意。)
  3. 業績目録(別紙様式ダウンロードすること。:論文・学会発表別・その他
  4. 主要論文別刷(数編以内。コピーでも可。)
  5. 労働安全衛生の研究に関する抱負(2,000字程度)(別紙様式をダウンロードすること。)

第6 選考方法及びスケジュール

  1. 一次選考・・・書類審査
  2. 二次選考・・・個別面接(平成21年7月中の予定)
  3. 内定時期・・・平成21年8月中旬の予定

第7 応募締切日

平成21年6月26日(金)。当日消印有効。

第8 書類提出先

〒204-0024 東京都清瀬市梅園1-4-6
独立行政法人労働安全衛生総合研究所 総務部総務課 吉田あて
(封筒に朱書きで「採用応募書類在中」と明記し、書留にて郵送のこと。)
TEL:042-491-4512、FAX:042-491-7846

第9 問合せ先

  1. 安全研究領域関係:上記第8の書類提出先。
  2. 健康研究領域、環境研究領域、その他の領域関係:
    〒214-8585 神奈川県川崎市多摩区長尾6-21-1
    独立行政法人労働安全衛生総合研究所 総務部総務課 佐々木あて
    TEL:044-865-6111、FAX:044-871-8266

第10 その他

  1. 採用に当たっては、労働安全衛生の調査研究に関する経験を重視する。
  2. 二次選考の対象者については当方から連絡する。なお、その際の旅費等は応募者の負担とする。
  3. 提出された書類は本件に係る選考にのみ使用し、他の目的のために使用することは一切ない。
  4. 提出書類は返却しない。
  5. 募集内容等は、諸般の事情により変更することがあるので、最新の採用情報は当研 究所HP(http://www.jniosh.go.jp)で、確認されたい。
  6. 応募に先立って、見学を希望する場合は事前に上記第9の問合せ先に申し込むこと。
本文終わり