労働安全衛生総合研究所

国内学術集会(平成25年度)

1) 伊藤和也(2013) 切土掘削工事中の斜面崩壊による労働災害防止のための計測, 日本地すべり学会関西支部シンポジウム,「安価なセンサ時代」, pp.35-55.
2) 大澤敦(2013) 過去50年間の静電気事故分析, 2013年度第2回静電気学会静電気リスクアセスメント研究委員会.
3) 大澤敦(2013) 静電気リスクアセスメント, 2013年度第2回静電気学会静電気リスクアセスメント研究委員会.
4) 板垣晴彦(2013) オーガナイズドセッション化学火災に求められる安全とは, 「化学工場などでの最近の火災爆発災害について」, 日本火災学会, 平成25年度研究発表会概要集, pp.302-305.
5) 三浦崇(2013) 真空中と気体中での絶縁体の摩擦帯電, 放電基礎研究委員会.
6) 大幢勝利(2013) 土木学会における市民目線で見た地域の安全に関する活動, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.82-83.
7) 渕野哲郎, 武田和宏, 北島禎二, 島田行恭(2013) HAZOP レコードを用いたアラームセンサー配置設計, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.296-299.
8) 島田行恭, 北島禎二, 渕野哲郎(2013) 化学プラントのライフサイクルにわたるリスクアセスメントに関する研究, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, 2-5, pp.300-301.
9) 玉手聡, 堀智仁(2013) 土砂埋没による胸部の圧迫防止に関する一考察, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.306-309.
10) 冨田一(2013) 粉体の空気輸送中の貯蔵槽内での静電気放電による電圧の測定, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.356-359.
11) 三浦崇, 山隈瑞樹(2013) 静電気による災害を防止するための摩擦電気発生量の定量測定, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.360-361
12) 板垣晴彦(2013) 安衛研爆発火災データベースによる災害事例の分析, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.368-369.
13) 豊澤康男, 伊藤和也, 吉川直孝, 堀智仁(2013) 建設工事における労働安全衛生リスクマネジメント導入事例と問題点について, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.388-391.
14) 伊藤和也, 高梨成次, 堀智仁, 日野泰道, 高橋弘樹, 吉川直孝, 大幢勝利, 玉手聡, 豊澤康男(2013) 東日本大震災の復旧・復興工事における労働災害発生状況に関する分析について-建物の被災状況と墜落・転落による労働災害の関係-, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.392-395.
15) 吉川直孝, 伊藤和也, 堀智仁, 清水尚憲, 梅崎重夫, 濱島京子, 豊澤康男, 玉手聡(2013) ドラグ・ショベルに係る死亡災害の調査分析, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.396-399.
16) 堀智仁, 玉手聡(2013) クレーン機能付きドラグ・ショベルのつり荷走行時における荷重変動, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.400-403.
17) 高橋弘樹, 大幢勝利, 高梨成次(2013) 幅木の高さをパラメータとした足場の風力に関する流体解析, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.408-409
18) 高梨成次, 大幢勝利, 高橋弘樹(2013) 橋梁用FRP検査路の手すりの強度に関する研究, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.410-411.
19) 日野泰道(2013) 波板スレート屋根上の工事で使用する墜落防護用シートの開発, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.412-413.
20) 大幢勝利, 高梨成次, 日野泰道, 高橋弘樹(2013) 安全帯を使用したくさび緊結式足場の組立・解体方法に関する実験的研究, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.414-417.
21) 梅崎重夫, 濱島京子, 清水尚憲(2013) 根拠に基づく安全(EBS)を考慮した安全目標と安全評価手法の提案, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.334-337.
22) 塩田勇, 芳司俊郎, 杉本旭(2013) 技術立国を目指す技術者教育と大学の安全, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.384-387.
23) 栗木健嗣, 塩田勇, 芳司俊郎, 杉本旭(2013) w-SDSによる大学の安全管理と安全文化の担い手としての工学教育, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.378-381.
24) 大幢勝利(2013) 東日本大震災における地域の継続に関する学会誌調査, 土木学会第68回年次学術講演会, 研究討論会 研−22「BCP/DCPを巡る課題と動向−市民目線で捉えた減災と地域継続計画の在り方−」資料, pp.4-5.
25) 伊藤和也(2013) DS 今求められる技術者教育とは?「安全教育」〜斜面崩壊による労働災害防止対策としての技術情報の共有化を例として〜, 土木学会第68回年次学術講演会, 研究討論会 研-08資料, pp.8-11.
26) 芳司俊郎, 杉本旭(2013) 安全とリスクアセスメント, 日本機械学会2013年度年次大会市民フォーラム, 日本機械学会2013年度年次大会予稿集, CD-ROM.
27) 岡部康平(2013) エレベーター等の危険性と安全管理, 全国クレーン安全大会, Vol.34, pp.27-36.
28) 堀智仁, 玉手聡(2013) ドラグ・ショベルのつり荷走行時における荷重の変動計測, 平成25年度建設施工と建設機械シンポジウム, 講演概要集, pp.547-548.
29) 大澤敦, 三原一気(2013) 50年間の静電気事故に学ぶ. 2013年度静電気学会静電気災害防止シンポジウム - 静電気リスクアセスメント, pp.17-32.
30) 大澤敦(2013) 静電気リスクアセスメント手法, 2013年度静電気学会静電気災害防止シンポジウム - 静電気リスクアセスメント, pp.33-75.
31) 島田行恭(2013) 化学プロセス産業におけるリスクアセスメント及びリスク低減措置の検討・実施, 2013年静電気学会静電気災害シンポジウム.
32) 大澤敦(2013) 粉体の静電気対策と除電, 2013年度粉体工業技術協会第1回静電気利用技術分科会.
33) 三浦崇(2013) 静電気による災害 (真空・ロボット産業で働く人の安全のために・電気・機械・人間), VACUUM2013 真空展, 主催者展示ゾーン, 依頼によるポスター展示・実演等.
34) 栗原さゆり, 斎藤寛泰, 水谷高彰(2013) 定容爆燃における燃え拡がり形態の分類と評価指標による予測, 第51回燃焼シンポジウム, ポスターセッション.
35) 三浦崇 (2014) 真空中と気体中での絶縁体の摩擦帯電, 静電気学会, 2014年3月6日, 依頼による講演.
36) 三浦崇 (2014) 摩擦帯電とマイクロギャップ放電による緩和について, 2014年度第1回粒子帯電制御研究会, 講演会「摩擦帯電に伴う放電および諸現象に関する最新情報」, 2014年3月17日, 依頼による講演.
37) 吉川直孝(2014) 固結粒状体における個別要素法パラメータの決定方法の検討とその適用, 公益社団法人地盤工学会TC105国内委員会公開セミナー.
38) 伊藤和也, 笹原克夫, 芳賀博文, 土佐信一, 南雲政博, 内村太郎, 王林, 矢野真妃(2013) 施工中の斜面崩壊による労働災害防止のためのモニタリングに関する実地観測事例〜テンシオメータ・土壌水分計による計測結果と傾斜変化の関係〜, 砂防学会研究発表会, No. 68, B-224.
39) 笹原克夫, 伊藤和也, 酒井直樹(2013) 変位量計測に基づく斜面の安定度評価と崩壊発生予測のための新たな考え方, 砂防学会研究発表会, No. 68, B-230.
40) 板垣晴彦(2013) 爆発火災データベースの概要とエネルギー物質の分析例について, 一般社団法人火薬学会2013年度年会, 講演要旨集, pp.113-114.
41) 佐藤嘉彦(2013) 反応性物質の潜在エネルギー危険性評価法の高度化に関する研究, 一般社団法人火薬学会2013年度年会, 講演要旨集, pp.47-50.
42) 齋藤剛, 池田博康(2013) マニピュレータの挟圧安全性とその試験方法について, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013, 講演論文集(CD-ROM).
43) 塩田勇, 芳司俊郎, 杉本旭(2013) 大学における技術者教育と安全, 産業・化学機械と安全部門講演会2013, 講演論文集, pp13-14.
44) 八島正明(2013) 産業用掃除機の爆発事故災害事例, 平成25年度日本火災学会研究発表会, 概要集, pp.320-321.
45) 吉川直孝, 伊藤和也, 水谷髙彰, 堀智仁, 豊澤康男(2013) 着火材を用いた固結粒状材料の発破実験とその個別要素法解析, 第48回地盤工学研究発表会, 講演概要集, pp.29-30.
46) 豊澤康男, 伊藤和也, 吉川直孝, 堀智仁(2013) 地盤工事における「根拠に基づく安全(EBS) 」適用の可能性について, 第48回地盤工学研究発表会, 講演概要集, pp.207-208.
47) 堀智仁, 玉手聡(2013) 小型移動式クレーンの転倒防止に必要な敷板の決定法に関する一考察, 第48回地盤工学研究発表会, 講演概要集, pp.219-220.
48) 玉手聡, 堀智仁, 三國智温, 末政直晃, 片田敏行(2013) 遠心模型と大型模型の組み合わせによる劣化斜面の崩壊実験, 第48回地盤工学研究発表会, 講演概要集DVD, pp.897-898.
49) 伊藤和也, 吉川直孝, 林豪人, 小浪岳治, 丸山憲治(2013) 遠心場掘削シミュレーターを使用した簡易な斜面補強工法の斜面安定効果に関する遠心模型実験〜法面工の違いが補強効果に与える影響〜, 第48回地盤工学研究発表会, 講演概要集DVD, pp.899-900.
50) 成田恵祐, 末政直晃, 片田敏行, 吉川直孝, 伊藤和也, 江守良介, 岩佐直人(2013) 載荷方法の違いが斜面上に設置された落石防止壁用杭基礎の吸収性能に与える影響, 第48回地盤工学研究発表会, 講演概要集DVD, pp.1247-1248.
51) 三國智温, 末政直晃, 玉手聡, 堀智仁(2013) 崩壊部周辺における斜面表層のせん断ひずみ計測, 第48回地盤工学研究発表会, 講演概要集DVD, pp.1903-1904.
52) 板垣晴彦(2013) 安衛研爆発火災データベースによる災害事例の分析, 日本学術会議, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.368-369.
53) 佐藤嘉彦(2013) ARCの適切な測定方法に関する試みの検討, 第11回PHPS研究会.
54) 濱島京子, 梅崎重夫(2013) 労働安全及び機械安全分野における社会基盤の確立に関する考察 −社会基盤の機能と構造−, 安全性研究会, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.154, pp.17-20.
55) 三浦崇, 山隈瑞樹(2013) 静電気による災害を防止するための摩擦電気発生量の定量測定, 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.360-361.
56) 冨田一(2013) 粉体の空気輸送中の貯蔵槽内での静電気放電による電圧の測定. 安全工学シンポジウム2013, 講演予稿集, pp.356-359.
57) 伊藤和也(2013) 切土中の斜面崩壊による労働災害防止のための計測−その1:変遷と現状−, 第52回日本地すべり学会研究発表会, 講演集, pp.150-151.
58) 池田博康(2013) 安全コンセプトチェックシートの概要, 第3回ロボット介護機器開発パートナーシップ, 資料10-1.
59) 池田博康(2013) リスクアセスメントシート解説 -リスクアセスメントに基づく安全設計の基礎-, 第3回ロボット介護機器開発パートナーシップ, 資料11-1.
60) 笹原克夫, 伊藤和也, 内村太郎, 宮本卓也, 井上太郎, 南雲政博, 土佐信一, 矢野真妃, 関鉄兵, 西條敦史, 芳賀博文, 王林(2013) 切土中の斜面崩壊による労働災害防止のための計測−その2:現場での計測結果−, 第52回日本地すべり学会研究発表会, 講演集, pp.152-153.
61) 笹原克夫, 伊藤和也(2013) 土のダイレイタンシーに着目した切土施工時の斜面安定度評価の試み, 第52回日本地すべり学会研究発表会, 講演集, pp.118-119.
62) 高梨成次, 大幢勝利, 高橋弘樹, 道場信義, 加川啓介, 坂槇義夫, 大橋好光(2013) 旧基準で建てられた木造住宅の倒壊に対する安全限界の研究 その17 試験体および仮動的実験の概要, 日本建築学会大会, 学術講演梗概集 構造Ⅲ, pp.409-410.
63) 大幢勝利, 高梨成次, 高橋弘樹, 道場信義, 加川啓介, 坂槇義夫, 大橋好光(2013) 旧基準で建てられた木造住宅の倒壊に対する安全限界の研究 その18 仮動的実験による余震による変形量の増大の検証, 日本建築学会大会, 学術講演梗概集 構造Ⅲ, pp.411-412.
64) 小野寺元, 高梨成次, 大幢勝利, 高橋弘樹, 道場信義, 加川啓介, 坂槇義夫, 大橋好光(2013) 旧基準で建てられた木造住宅の倒壊に対する安全限界の研究 その19 仮動的実験による最大耐力と損傷状況の関係の調査, 日本建築学会大会, 学術講演梗概集 構造Ⅲ, pp.413-414.
65) 下条啓介, 高梨成次, 大幢勝利, 高橋弘樹, 道場信義, 加川啓介, 坂槇義夫, 大橋好光(2013) 旧基準で建てられた木造住宅の倒壊に対する安全限界の研究 その20 仮動的実験による簡易補強の性能評価, 日本建築学会大会, 学術講演梗概集 構造Ⅲ, pp.415-416.
66) 高橋弘樹, 高梨成次, 大幢勝利, 道場信義, 加川啓介, 坂槇義夫, 大橋好光(2013) 旧基準で建てられた木造住宅の倒壊に対する安全限界の研究 その21 仮動的実験による足場補強実験, 日本建築学会大会, 学術講演梗概集 構造Ⅲ, pp.417-418.
67) 坂槇義夫, 道場信義, 加川啓介, 村西大介, 槙田剛, 高梨成次, 大橋好光(2013) 木質ラーメン構面内に構造用合板を設置した耐力要素に関する研究(その1 実験概要), 2013年度日本建築学会大会, 学術講演梗概集, pp.623-624.
68) 坂槇義夫, 道場信義, 加川啓介, 村西大介, 槙田剛, 高梨成次, 大橋好光(2013) 木質ラーメン構面内に構造用合板を設置した耐力要素に関する研究(その2 実験結果), 2013年度日本建築学会大会, 学術講演梗概集, pp.625-626.
69) 加川啓介, 道場信義, 坂槇義夫, 村西大介, 高梨成次, 大橋好光(2013) 木質ラーメン構面内に構造用合板を設置した耐力要素に関する研究(その3 応力状態の分析), 2013年度日本建築学会大会, 学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集, pp.627-628.
70) 日野泰道(2013) 墜落・転倒に起因する頭部衝撃力に関する基礎的研究, 2013年度日本建築学会大会, 学術講演梗概集, 材料施工, pp.1339-1340.
71) 池田博康(2013) 生活支援ロボットの騒音試験方法の提案, 第31回日本ロボット学会学術講演会, 1A2-05(DVD)
72) 高梨成次, 大幢勝利, 日野泰道, 高橋弘樹(2013) くさび緊結式足場の安全帯を使用した組立・解体時の安全性に関する一考察, 土木学会第68回年次学術講演会, 講演概要集, VI-011, pp.21-22.
73) 成田恵祐, 末政直晃, 片田敏行, 吉川直孝, 伊藤和也, 江守良介, 岩佐直人(2013) 斜面上に設置された落石防止壁用杭基礎の数値シミュレーションの基礎的研究, 土木学会第68回年次学術講演会, 講演概要集, pp.241-242.
74) 高橋弘樹, 大幢勝利, 高梨成次(2013) 幅木の高さをパラメータとした足場の風力風洞実験, 土木学会第68回年次学術講演会, 講演概要集, VI-272, pp.543-544.
75) 堀智仁, 玉手聡(2013) ドラグ・ショベルのつり荷走行時における荷重の変動計測, 土木学会第68回年次学術講演会, 講演概要集, pp.547-548.
76) 大幢勝利, 北條哲男, 広兼道幸(2013) Web 上のデータを活用した建設工事における墜落災害要因分析とその対策, 土木学会第68回年次学術講演会, 講演概要集, VI-275, pp.549-550.
77) 伊藤和也, 菊池信夫, 橋爪秀夫(2013) 法面工事現場における安全管理法に関する実態調査〜長野県を対象地域としたアンケート調査〜, 土木学会第68回年次学術講演会, pp.553-554.
78) 中坊嘉宏, 本間敬子, 尾暮拓也, 池田博康, 他(2013) ロボット介護機器の安全と高信頼化, 第31回日本ロボット学会学術講演会, 3O1-02(DVD).
79) 本田尚, 佐々木哲也, 山際謙太, 山口篤志(2013) 鋼心ワイヤロープの断線数と残存強度の関係, 資源素材2013, pp.189-190.
80) 栗木健嗣, 塩田勇, 芳司俊郎,杉本旭(2013) w-SDSによる大学の安全管理と安全文化の担い手としての工学教育, 日本機械学会2013年度年次大会, 予稿集, CD-ROM
81) 日野泰道, 大幢勝利, 高橋弘樹(2013) 安全帯の墜落時保護性能に関する基礎的研究, 日本機械学会2013年度年次大会, 予稿集CD-ROM.
82) 芳司俊郎, 杉本旭(2013) 技術開発を支える安全の制度に関する考察, 日本機械学会2013年度年次大会, 予稿集CD-ROM.
83) 島田行恭, 北島禎二, 渕野哲郎(2013) 労働災害及びプロセス災害防止のためのプラントライフサイクルリスクアセスメント, 日本機械学会2013年度年次大会, S172023.
84) 武田和宏, 斉藤日出雄, 角田浩, 島田行恭, 北島禎二, 渕野哲郎(2013) 化学プラントの業務プロセスモデルに基づく変更管理の業務フロー, 日本機械学会2013年度年次大会, S172025.
85) 北島禎二, 島田行恭, 渕野哲郎(2013) 業務プロセスモデルに基づいたプロセス安全リスク管理支援システムの要求設計, 日本機械学会2013年度年次大会, S172024.
86) 渕野哲郎, 島田行恭(2013) 設備管理フレームワークに基づく支援環境, 第45回化学工学会秋季大会, I207.
87) 渕野哲郎, 武田和宏, 島田行恭(2013) 業務プロセスモデルに基づくセーフティメトリクスへのアプローチ, 第45回化学工学会秋季大会, I204.
88) 大澤敦, 野村信雄(2013) コロナ除電器のオフセット電圧の最小化実証, 第37回静電気学会全国大会,講演論文集2013, pp.21-22.
89) 大澤敦(2013) ブラシ -沿面放電モードの遷移-予備実験, 第37回静電気学会全国大会, 講演論文集2013, pp.19-20.
90) 崔光石(2013) Experimental study on the relationship between the charge amount of polypropylene granules and electrostatic discharges while silo loading, 第37回静電気学会全国大会, 講演論文集2013, pp.25-28.
91) 崔光石(2013) 光センサ式静電気放電検出器による粉体貯蔵槽内の着火性静電気放電の検出, 第37回静電気学会全国大会, 講演論文集2013, pp.23-24.
92) 冨田一(2013) 帯電球の大きさが接近する帯電球からの静電気放電に及ぼす影響, 平成25年電気学会基礎・材料・共通部門大会, CD-ROM, p.209.
93) 風間智, 池田博康(2013) コヒーレンスを用いた無線通信に影響を与える雑音源の特定, 電子情報通信学会,技術研究報告, 環境電磁工学, Vol.113, No.218, pp.31-34.
94) 板垣晴彦(2013) 爆発火災データベースを用いた反応暴走による事故事例の分析, 第45回化学工学会秋季大会,講演要旨集, CD-ROM.
95) Rafael Batres, 大塚輝人, 岩壁幸市(2013) プロセスケミストリー標準モデルの開発, 第45回化学工学会秋季大会, 講演要旨集, p.577.
96) 最上智史, 崔光石, 鈴木輝夫(2013) 双極性防爆構造除電器の開発, 応用物理学会秋季学術講演会, CD-ROM(09-016).
97) 崔光石(2013) 粉体貯蔵槽内の静電気放電の検出, 応用物理学会秋季学術講演会, CD-ROM(09-015).
98) 大澤敦, 野村信雄(2013) コロナ除電器のオフセット電圧の最小化-実証,第37回静電気学会全国大会, 講演論文集2013, pp.21-22.
99) 伊藤和也, 菊池信夫, 橋爪秀夫(2013) 法面工事現場における安全管理法に関する実態調査〜墜落防止対策を対象として〜, Geo-kanto2013, 第10回地盤工学会関東支部発表会(GeoKanto2013), DVD-ROM, A0001.
100) 岡庭翔一, 末政直晃, 伊藤和也, 佐藤功, 鈴木達彦, 南都和実(2013) 法面からの墜落災害防止のための親綱固定方法に関する研究, 第10回地盤工学会関東支部発表会(GeoKanto2013), 地盤工学会関東支部発表会, DVD-ROM, A0028.
101) 吉川直孝, 伊藤和也, 豊澤康男, 堀智仁(2013) 3次元個別要素法による粒状体の降下床と重力流動シミュレーション, 第10回地盤工学会関東支部発表会(GeoKanto2013), DVD-ROM.
102) 堀智仁, 玉手聡(2013) 敷板の敷設方法と建設機械の接地圧分散に関する基礎的研究 第10回地盤工学会関東支部発表会(GeoKanto2013), DVD-ROM.
103) 山口篤志, 戒田拓洋, 吉田展之(2013) 供用適性評価および有限要素解析による模擬減肉配管の破裂圧力の評価, 日本機械学会M&M2013材料力学カンファレンス, CD-ROM.
104) 成田恵祐, 末政直晃, 伊藤和也, 吉川直孝(2013) 土木構造物に見立てた模型に動的載荷した際の地盤の応答の現象理解, 第10回地盤工学会関東支部発表会(GeoKanto2013), DVD-ROM, A0170.
105) 大山裕太, 山際謙太, 本田尚, 佐々木哲也, 山口篤志, 辻裕一(2013) 炭素繊維複合材料ケーブルの繰返し軸荷重試験, 日本機械学会M&M2013カンファレンス, ポスターセッション.
106) 本田尚, 佐々木哲也, 山際謙太, 山口篤志(2013) ウォリントン・シール形鋼心ワイヤロープの疲労損傷に及ぼす張力の影響, 日本機械学会M&M2013材料力学カンファレンス, CD-ROM.
107) 長谷川就, 橋本純平, 山口篤志, 辻裕一(2013) ナノインデンテーション法によるガスケットの長期・高温粘弾性特性評価—球状圧子による粘弾性特性評価—, 山梨講演会2013.
108) 広兼道幸, 伴場翔, 大幢勝利, 田邊準一(2013) AR技術を用いた現場における安全管理情報の共有化システムの構築, 安全問題討論会’13, 資料集, pp.165-170.
109) 高橋弘樹, 大幢勝利, 高梨成次, 北條哲男(2013) 足場の墜落防護工法を考慮した風力算定方法の基礎的研究, 安全問題討論会’13, 資料集, pp.153-158.
110) 大幢勝利, 高梨成次, 高橋弘樹(2013) 橋梁維持管理用FRP検査路の墜落防護性能に関する実験的研究, 安全問題討論会’13, 資料集, pp.43-48.
111) 島田行恭, 北島禎二, 渕野哲郎(2013) 厚生労働省指針に対応した防御層設計に基づくリスク低減措置の検討, 第46回安全工学研究発表会, 2, pp.3-4.
112) 大塚輝人, 島田行恭, Rafael Batres(2013) プロセスケミストリー標準モデルの開発, 第46回安全工学研究発表会, 6, pp.13-14.
113) 鈴木輝夫, 最上智史, 崔光石, 山隈瑞樹(2013) 空気輸送粉体プロセスにおける双極性除電器の配置が除電能力に与える影響, 第46回安全工学研究発表会, pp.31-34.
114) 八島正明(2013) 水などに浸漬後のマグネシウム合金研磨粉じんの燃焼性, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp.35-36.
115) 佐藤嘉彦, 板垣晴彦(2013) 自己反応性物質の熱安定性評価のための容器表面処理法の検討, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp.45-46.
116) 板垣晴彦, 大塚輝人(2013) 爆発火災データベースを用いた各要因の集計方法の提案, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp.65-66.
117) 大幢勝利, 北條哲男(2013) 建設工事における墜落災害要因の分析とその対策の検討. 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp.109-112.
118) 崔光石(2013) 静電気放電による粉体の最小着火エネルギーにパージ用窒素濃度が及ぼす影響, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp.139-142.
119) 板垣晴彦(2013) 模擬貯槽内での換気による濃度変化の実験的研究, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp.144-145.
120) 山隈瑞樹, 後藤和博, 國分彰(2013) 帯電防止フレキシブルコンテナの抵抗値基準に関する一考察, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, p.155.
121) 八島正明(2013) ガス溶断で発生する火花の特性, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp.159-162.
122) 大澤洋介, 吉川典彦, 大塚輝人, 斎藤寛泰(2013) 消炎装置,爆発ガス捕集バッグの開発, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp.193-194.
123) 本田尚, 佐々木哲也, 山際謙太, 山口篤志(2013) 鋼心ワイヤロープの曲げ疲労特性と残存強度に及ぼす張力の影響, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp195-198.
124) 大山裕太, 辻裕一, 山際謙太, 本田尚, 佐々木哲也, 山口篤志(2013) 炭素繊維複合材料を応用したペンダントロープの繰返し強度特性, 第46回安全工学研究発表会, 講演予稿集, pp.199-200.
125) 堀智仁, 玉手聡(2013) 掘削用機械のつり荷走行時におけるつり荷重の変動計測, 平成25年度建設施工と建設機械シンポジウム, 論文集・梗概集, pp.203-206.
126) 佐藤嘉彦(2013) 示差型断熱熱量計による自己反応性物質の反応暴走危険性評価, 第49回熱測定討論会, 要旨集, p.128.
127) 三浦崇(2013) 金属と絶縁体の摩擦による電荷分離とマイクロギャップ放電による帯電緩和効果の測定, 2013年真空・表面科学合同講演会 第54回真空に関する連合講演会, 講演予稿集, p.199.
128) 山口篤志, 戒田拓洋, 吉田展之(2013) 減肉配管における水圧による破裂試験と供用適性評価による破裂圧力の推定, 第43回石油・石油化学討論会, pp.211-212.
129) 山隈瑞樹, 後藤和博, 國分彰(2013) 帯電防止フレキシブルコンテナの抵抗値基準に関する一考察, 第45回安全工学研究発表会, p.155.
130) 佐藤嘉彦(2013) 示差型断熱熱量計(DARC)の種々の条件での適用性検討, 第12回PHPS研究会.
131) 風間智, 池田博康, 村上真之(2013) 放射RF電磁界印加時のロボットの安全機能の検証, 電子情報通信学会語術報告 EMCJ2013, Vol.113, No.368, pp.27-30.
132) 佐藤嘉彦, 板垣晴彦(2013) 複数の有機過酸化物に対する示差型ARCと従来型ARCの評価結果の相関関係, 火薬学会2013年度秋季研究発表講演会, 講演要旨集, pp.115-116.
133) 笹原康平, 大塚輝人, 越光男, 熊崎美枝子(2013) イオン化ポテンシャルと電子親和力に基づくトリアゾール誘導体とジニトロベンゼンの混合物の反応性の検討, 火薬学会2013年度秋季研究発表会, 予稿集, pp.61-62.
134) 板垣晴彦(2013) 爆発火災データベースを用いた災害事例の統計分析(第2報), 火薬学会秋季研究発表講演会,講演要旨集, pp.23-24.
135) 佐々木哲也 (2013) クレーン用ワイヤロープの経年損傷評価, 日本高圧力技術協会第62回RBM研究員会.
136) 笹川一磨, 野村智弘, 木村吉郎, 大幢勝利(2014) 斜円柱に発生する空力振動の風洞実験, 第41回土木学会関東支部技術研究発表会, 講演概要集, CD-ROM.
137) 渕野哲郎, 武田和宏, 島田行恭(2014) 設備保全業務プロセスモデルに基づく支援環境, 化学工学会第79年会, F120.
138) 冨田一(2014) 電極極性が接近する帯電球からの静電気放電に及ぼす影響の一実験, 平成26年電気学会全国大会, 平成26年電気学会全国大会CD-ROM, 1-153.
139) 原谷隆史(2013) 職場のメンタルチェックをめぐって —質問票に関して研究者の立場から—, 平成25年度第1回(第40回)日本産業精神保健学会研修セミナー, 杏林大学.
140) 原谷隆史(2014) 看護職のストレスと健康職場, シンポジウム「看護職のHealthy Work Environmentの探求」, 第4回日本看護評価学会学術集会講演抄録集, 東京医科歯科大学, p.21.
141) 原谷隆史(2014) ストレスチェックの質問票に関して−研究者の立場から—, 平成25年度第2回(第41回)日本産業精神保健学会研修セミナー.
142) 高橋正也(2013) 眠気の自己評定とその修飾要因, シンポジウム13「職場における睡眠問題」, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.254.
143) 久保智英(2013) 労働者の睡眠と疲労回復−働く人々にとっての「良い」睡眠を考える, 名古屋市立大学医学部環境保健学分野, 第483回衛生学研究会.
144) 久保智英(2013) 交代勤務に従事する看護師の疲労回復 −生活過程も含めた疲労回復研究の重視, シンポジウム「交代勤務に従事する看護師の睡眠問題−現場のニーズと研究とのギャップ—」, 日本睡眠学会第38回定期学術集会, 抄録集, p.135.
145) 井澤修平(2013) 抑うつ症状の内分泌・免疫学的側面, 日本心理学会第77回大会, 発表論文集, SS(53).
146) 土屋政雄(2013) 尺度研究の必須事項, 奥村泰之, 土屋政雄, 竹林由武, 自主企画シンポジウム3 失敗しない研究計画入門: 観察研究、尺度研究、非薬物療法の介入研究の研究報告の質向上のためのガイドラインの理解, 日本行動療法学会第39回大会.
147) 土屋政雄, 奥村泰之, 国里愛彦(2013) チュートリアルワークショップ 自己報告式心理尺度の信頼性と妥当性における新しい国際基準(Consensus-based Standards for selection of health Measurement Instruments:COSMIN)を学ぼう, 日本心理学会第77回大会発表論文集, TWS(7), TWS20-2.
148) 三浦伸彦, 大谷勝己, 柴田重信(2013) 「時間毒性学」の必要性,第128回 日本薬理学会関東支部会シンポジウム,プログラム・要旨集, p.18.
149) 山口さち子(2014) 電磁界と生体影響, 建築電磁環境に関する研究発表会2014, 要旨集, pp.23-37.
150) 山口さち子(2014) 立ち入り禁止区域の設定によるMR検査準備中の職業磁界ばく露の変化について, 電磁界の人体防護に関わる評価技術動向調査専門委員会.
151) 倉林るみい(2013) 日本の外国人労働者受け入れ政策と現状・課題. シンポジウム 移民が抱える生活とメンタルヘルスに関する課題と展望. 第20回多文化間精神医学会, 抄録集, p.41.
152) 岩切一幸(2013) 改訂された「職場における腰痛予防対策指針」.第86回日本産業衛生学会, 第10回作業関連性運動器障害研究会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.71.
153) 岩切一幸(2013) 心理社会的要因からみた筋骨格系障害への対応〜腰痛予防対策指針の改訂を踏まえて〜, 産業保健人間工学会第18回大会 オーガナイズドセッション2, 産業保健人間工学研究 第15巻増補, pp.38-39.
154) 岩切一幸(2013) 職場における腰痛予防対策指針の改訂について, 日本産業衛生学会東海地方会 東海産業衛生技術部会 特別講演, 第5回講演会 講演要旨.
155) 松尾知明, 五月女康作, 清野諭, 江藤幹, 下條信威, 松下明, 家光素行, 大島博, 田中喜代次, 向井千秋(2013)ワークショップ13演題「有酸素インターバル運動による時間節約効果:体力低位者への活用」 第68回日本体力医学会大会, 抄録, p.204.
156) 澤田晋一, 岡龍雄, 安田彰典, 時澤健, 田井鉄男, 井田浩文, 中山和美, 下田朋彦, 三宅康史, 神田潤, 萩原祥弘, 樫村洋次郎(2013) 原発関連復旧作業時の熱中症予防対策としての防暑冷却手技の現状と展望, シンポジウム14 東京電力福島第一原発事故における原発従事者の労働安全と健康, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.265.
157) 澤田晋一(2013) 教育講演2:Universal Thermal Climate Index(UTCI)をめぐる最近の話題, 平成25年度第2回温熱環境研究会.
158) 澤田晋一(2014) 特別講演1:防護服着用時の暑熱負担軽減方策, 第11回日本防護服研究会学術総会, 予稿集, pp.53-58.
159) 外山みどり(2013) 介護者の腰痛予防のために, 第21回介護福祉学会大会, 発表報告要旨集, pp.41-42.
160) 時澤健, 田井鉄男, 安田彰典, 岡龍雄, 高橋正也, 澤田晋一(2013) 睡眠不足による暑熱負担の増悪と予防対策,第68回日本体力医学会, 抄録集, p.157.
161) 大西明宏(2013) 高年齢労働者の転倒災害防止に有効な手段とは, 第86回日本産業衛生学会 産業衛生技術フォーラム, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.293.
162) 高木元也, 高橋明子(2013) 小売業における労働災害の特徴と再発防止策について(その2), 安全工学シンポジウム2013, pp.278-279.
163) 高木元也(2013) 公共工事発注者の自主的な安全活動の取組事例, 第68回土木学会全国大会年次学術講演会, CD-ROM.
164) 高木元也(2013) 低層住宅建築工事の安全活動の実態調査, 2013年度日本建築学会学術講演会, CD-ROM.
165) 大西明宏(2013) 高年齢労働者の滑りによる転倒と負傷の特徴—労働現場で必要な転倒防止対策の検討—, 産業保健人間工学会 第18回大会 オーガナイズドセッション1 職場における転倒災害− その原因から対策まで −, 産業保健人間工学研究, Vol.55(Suppl.), pp.18-19.
166) 原谷隆史, 倉林るみい, 井澤修平, 土屋政雄(2013) 企業のメンタルヘルスの実態の全国調査, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.486.
167) 原谷隆史, 井澤修平, 土屋政雄(2013) 労働者の抑うつ症状の全国調査 3種類の抑うつ尺度の性・年齢別標準値の算出, 日本心理学会第77回大会, 発表論文集, p.1199, 2PM-139.
168) 高橋正也, 久保智英, 劉欣欣, 東郷史治, 島津明人, 田中克俊, 内山鉄朗(2013) 勤務時間の裁量権と健康, 睡眠,労働関連指標に関する縦断調査, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.413.
169) 樋口重和, 西剛史, 李相逸, 原田和樹, 高橋正也(2013) 夜勤中の仮眠の効果:光によるメラトニン分泌抑制の軽減, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.416.
170) 水野康, 松本暁子, 相羽達弥, 大島博, 山口孝夫, 高橋正也, 井上雄一(2013) 国際宇宙ステーション「きぼう」運用管制チームの睡眠調査, 日本睡眠学会第38回定期学術集会, プログラム・抄録集, p.245.
171) 高橋正也, 松平浩, 島津明人(2013) 夜勤の長さに伴う腰痛:不眠症状ごとの解析, 第5回Integrated Sleep Medicine Society Japan学術集会, 抄録集, p.40.
172) 田井鉄男, 澤田晋一, 安田彰典, 岡龍雄, 時澤健, 井田浩文, 中山和美, 三宅康史, 神田潤, 萩原祥弘, 樫村洋次郎(2013) 原発関連復旧作業の暑熱負担軽減方策に関する実験的研究(その3):電動ファン付き呼吸用保護具の効果, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(suppl.), p.435.
173) 田井鉄男, 澤田晋一, 岡龍雄, 安田彰典, 中山和美, 井田浩文,下田朋彦(2013) 熱中症対策の冷却法の検討, 第69回日本生理人類学会, 日本生理人類学会誌, Vol.18, pp.154-155.
174) 三木圭一(2013) 夜間運動負荷が生体に与える影響の時刻依存性について, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.416.
175) 久保智英, 高橋正也, ミカエル・サリーネン, 久保善子, 鈴村初子(2013) 交代勤務看護師における個人としての生活活動時間の長さと疲労回復, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.578.
176) 井澤修平, 土屋政雄, 三谷健, 府中達也, 緑川亨, 小松泰喜, 東郷史治(2013) 介護施設労働者の職業性ストレスと唾液中ステロイドホルモンの関連, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.350.
177) 井澤修平, 齋藤慶典, 菅谷渚, 城月健太郎(2013) ストレスフルイベントに対する爪試料中のコルチゾールの変動—2週間の教育実習における検討—, 第31回日本生理心理学会大会, プログラム予稿集, p.66.
178) 中村菜々子, 井澤修平, 山田クリス孝介(2013) 労働者におけるストレスの過小評価とメンタルヘルス知識との横断的関連. 日本健康心理学会第26回大会, 発表論文集, p.10.
179) 山田クリス孝介, 中村菜々子, 井澤修平(2013) 労働者におけるストレスの影響を過小評価する信念の特徴, 日本健康心理学会第26回大会, 発表論文集, p.11.
180) 土屋政雄, 井澤修平, 倉林るみい, 原谷隆史(2013) 労働者の抑うつ症状への回答における年齢層による違い:項目反応理論による検討, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.353.
181) 土屋政雄, 倉林るみい, 藤本康弘(2013) 建設業および化学系製造業の労働者における労働災害の被災経験とストレス症状, 産業精神保健増刊号, Vol.21, p.87, B2-3.
182) 土屋政雄, 木下奈緒子, 井澤修平, 倉林るみい, 原谷隆史(2013) 企業の従業員における心理的柔軟性の特徴,日本行動療法学会第39回大会, B-P-115.
183) 土屋政雄, 井澤修平, 原谷隆史(2013) 心理社会的職場ストレス要因と抑うつの関連−新職業性ストレス簡易調査票による新たな職場要因−, 日本心理学会第77回大会, 発表論文集, p.1191, 2PM-131.
184) 本庄かおり, 川上憲人, 土屋政雄, 桜井桂子(2014) World Mental Health Japan Survey 研究グループ 教育歴と精神健康の関連:日米比較, 第24回日本疫学会学術総会, 講演集, p.100.
185) 渡辺裕晃, 甲田茂樹, 佐々木毅, 鶴田由紀子, 伊藤昭好, 熊谷信二, 原邦夫, 堤明純, 丸山正治, 山口秀樹(2013) 職場へのOSHMS導入がもたらす安全衛生面での効果に関する研究〜第13報 自治体職場におけるOSHMS定着と安全衛生指標や活動への影響評価〜, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.375.
186) 鶴田由紀子, 甲田茂樹, 佐々木毅, 渡辺裕晃, 伊藤昭好, 熊谷信二, 原邦夫, 堤明純, 丸山正治, 山口秀樹(2013) 職場へのOSHMS導入がもたらす安全衛生面での効果に関する研究〜第14報 リスク評価に基づくメンタルヘルス対策のグッドプラクティスと影響評価〜, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.505.
187) 丸山正治, 甲田茂樹, 佐々木毅, 渡辺裕晃, 鶴田由紀子, 伊藤昭好, 熊谷信二, 原邦夫, 堤明純, 山口秀樹(2013) 職場へのOSHMS導入がもたらす安全衛生面での効果に関する研究〜第15報 安全衛生指標や安全衛生活動を向上させた実践事例〜, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.505.
188) 甲田茂樹, 小嶋純(2013) 東京電力福島第一原発の復旧作業に携わる作業者の呼吸保護具のフィットネス調査, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.434.
189) 三浦伸彦, 大谷勝己, 外川雅子, 長谷川達也(2013) ばく露金属の体内蓄積量と明暗シフト, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.443.
190) 三浦伸彦, 大谷勝己, 外川雅子, 長谷川達也(2013) カドミウム毒性発現強度の投与時刻依存性, フォーラム2013 衛生薬学・環境トキシコロジー, 講演要旨集, p.219.
191) 三浦伸彦, 大谷勝己, 外川雅子, 長谷川達也(2013) カドミウムの感受性時刻差とグルタチオン, メタルバイオサイエンス研究会2013, 講演要旨集, p.33.
192) 三浦伸彦, 大谷勝己(2013) 明暗シフトが金属化合物の臓器蓄積量に及ぼす影響, 第20回日本時間生物学会, 講演要旨集, p169.
193) 須田恵, 北條理恵子, 柳場由絵, 鈴木哲矢, 大谷勝己, 王瑞生(2013) ジクロロメタン及び1,2-ジクロロプロパン混合曝露時の代謝速度, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.446.
194) 須田恵, 鈴木哲矢, 柳場由絵, 王瑞生(2013) マウスにおける1,2-ジクロロプロパンの混合曝露時の代謝変化, 第41回産業中毒・生物学的モニタリング研究会, 抄録集, p.41.
195) 小林健一, 長谷川也須子, 久保田久代, 宮川宗之(2013) 有害性評価のための酸化チタンナノ粒子分散液の調製法の検討 −粒子径の解析およびリン酸水素二ナトリウム水の毒性−, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.364.
196) 山口さち子, 井澤修平, 原谷隆史, 今井信也, 奥野勉(2013) 医学検査における非電離放射線のばく露と健康状態に関するアンケート調査, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.438.
197) 山口さち子, 町田好男, 土橋俊男, 礒田治夫, 野口隆志, 中井敏晴(2013) 東日本大震災によるMR装置被災調査の背景要因に関する研究, 第41回日本磁気共鳴医学会, 講演抄録集, p.419.
198) 引地健生, 山口さち子, 中井敏晴, 土橋俊男, 前谷津文雄, 町田好男(2013) 東日本大震災の地震動によるマグネット移動の要因解析−アンカー固定の有無と震度について−, 第41回日本磁気共鳴医学会, 講演抄録集, p.328.
199) 磯田治夫, 市川和茂, 小山修司, 中井敏晴, 町田好男, 土橋俊男, 山口さち子, 野口隆志(2013) 東日本大震災における「MR検査の患者の安全確保」と「MR装置の安全確保」について, 第41回日本磁気共鳴医学会, 講演抄録集, p.329.
200) 引地健生, 前谷津文雄, 阿部喜弘, 菱沼誠, 町田好男, 山口さち子, 中井敏晴(2013) 東日本大震災におけるマグネット移動損傷について−建屋構造と設置方式による違いと震度毎の発生頻度−, 第3回東北放射線医療技術学術大会.
201) 柳場由絵, 鈴木哲矢, 須田恵, 那須民江, 王瑞生(2013) CYP2E1を介した1,2-ジクロロプロパンの肝臓毒性について, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.594.
202) 柳場由絵, 鈴木哲矢, 須田恵, 北條理恵子, 王瑞生(2013) 1,2-ジクロロプロパンの代謝と毒性発現におけるCYP2E1の役割, 第41回 産業中毒・生物学的モニタリング研究会, 抄録, p.40.
203) 長谷川也須子, 久保田久代, 吉田 緑, 宮川宗之(2013) 気管内投与時の手技は肺における投与剤の分布に影響を与える, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.519.
204) 長谷川也須子, 久保田久代, 小林健一, 宮川宗之(2013) 雄ラットにおける二酸化チタンナノ粒子の反復静脈内投与による影響, 第156回日本獣医学会学術集会, 講演要旨集, p.224.
205) 長谷川也須子, 久保田久代, 吉田緑, 宮川宗之(2014) 気管内投与手法およびラットの肺における投与剤の分布,第30回日本毒性病理学会, 講演要旨集, p.63.
206) 鈴木哲矢, 柳場由絵, 須田恵, 王瑞生(2013) マウスにおける1,2-ジクロロプロパン及びジクロロメタンの吸入暴露による遺伝毒性, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.371.
207) 鈴木哲矢, 柳場由絵, 須田恵, 王瑞生(2013) マウスにおける1,2-ジクロロプロパン及びジクロロメタンの混合ばく露による遺伝毒性, 第41回産業中毒・生物学的モニタリング研究会, 講演要旨集, p.39.
208) 鈴木哲矢、佐々彰、ピーターグルーズ、足立典隆、本間正充、能美健彦(2013) DNAポリメラーゼζはBPDE-N2-dGの損傷乗り越え合成後の伸長時にエラーを誘発する, 第36回日本分子生物学会年会, オンライン要旨, 1P-0165.
209) 王瑞生, 須田恵, 柳場由絵, 鈴木哲矢(2013) マウスにおける1,2-ジクロロプロパン及びジクロロメタンの吸入暴露による肝障害, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, No.55(Suppl.), p.593.
210) 安田彰典, 澤田晋一, 齊藤宏之, 岡龍雄, 萩原正義, 田井鉄男, 時澤健, 加部勇, 幸地勇(2013) オフィス環境に潜在する有害環境因子の健康影響評価に関する研究(第四報)−夏季節電オフィスの温熱環境, PMV測定による解析−, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.436.
211) 倉林るみい, 土屋政雄, 井澤修平, 北村尚人, 原谷隆史(2013) 職場でメンタルヘルス対策を始めるときに役立つマニュアルの作成, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.481.
212) 倉林るみい(2013) 労働者のメンタルヘルス不調時の対処行動と性差—うつ病既往歴との関連, 第29回日本精神衛生学会, 抄録集, p.52.
213) 大谷勝己, 須田恵, 三浦伸彦, 北條理恵子, 柳場由絵, 鈴木哲矢, 王瑞生(2013) ジクロロメタン及び1,2-ジクロロプロパンの雄マウス生殖器への影響, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.372.
214) 大谷勝己, 柳場由絵, 外川雅子, 長谷川達也, 三浦伸彦(2013) マウス精巣毒性の投与時刻依存性 〜単回および反復投与による検討〜日本アンドロロジー学会第32回学術集会および第19回精子形成・精巣毒性研究会 共同開催学会, Vol.32, p.164.
215) 大谷勝己, 柳場由絵, 外川雅子, 長谷川達也, 三浦伸彦(2014) マウスにおけるカドミウムの毒性発現への生体リズムの関与, 日本薬学会第134年会, 要旨集CD-ROM, 演題番号28pmL-009.
216) 久保田均, 佐々木毅, 柴田延幸, 中村憲司, 甲田茂樹, 高橋幸雄, 菅野誠一郎, 柴田英治, 久永直見(2013) 建築業従事者における有機溶剤ならびに騒音・振動の複合ばく露と職業性難聴との関連について, 第53回日本労働衛生工学会, 抄録集, pp.150-151.
217) 齊藤宏之, 澤田晋一, 安田彰典, 岡龍雄, 萩原正義, 田井鉄男, 時澤健, 加部勇, 幸地勇, 長埜庸子, 門田美子, 村上朋子(2013) オフィス環境に潜在する有害環境因子の健康影響に関する研究(第三報)—節電下のオフィス環境における温湿度と自覚症状—, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.436.
218) 齊藤宏之, 安田彰典, 岡龍雄, 田井鉄男, 澤田晋一(2013) 節電下のオフィス環境における温湿度と自覚症状, 第52回日本生気象学会大会, 日本生気象学会雑誌, Vol.50, No.3, S65.
219) 齊藤宏之, 安田彰典, 岡龍雄, 澤田晋一(2013) 簡易型測定器におけるWBGT値(暑さ指数)の測定精度についての検討, 第53回日本労働衛生工学会, 第53回日本労働衛生工学会・第34回作業環境測定研究発表会, 抄録集, pp.152-153.
220) 齊藤宏之, 澤田晋一, 安田彰典, 岡龍雄, 田井鉄男, 加部勇, 幸地勇, 長埜庸子, 門田美子, 村上朋子(2013) 節電下のオフィス環境における温湿度と自覚症状, 平成25年度室内環境学会学術大会, 講演要旨集, pp.224-225.
221) 岩切一幸, 外山みどり, 高橋正也, 垣花隆広, 萩尾映子(2013) 介護施設における介助用リフトの適切な昇降速度について, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.526.
222) 岩切一幸, 外山みどり, 高橋正也, 垣花隆広, 萩尾映子(2013) 介助用リフトの介護施設に適した昇降速度の検討,日本人間工学会第54回大会, 日本人間工学会誌, 第49巻特別号, pp.208-209.
223) 佐々木毅, 久永直見, 柴田英治, 毛利一平, 久保田均, 柴田延幸, 中村憲司, 甲田茂樹(2013) 建設業従事者の騒音/振動工具の使用と聴力低下の自覚症状との関連 〜第一報 疫学データの縦断的解析〜, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.379.
224) 岡龍雄, 澤田晋一, 安田彰典, 田井鉄男, 時澤健, 井田浩文, 中山和美, 三宅康史, 神田潤, 萩原祥弘, 樫村洋次郎(2013) 原発関連復旧作業時の暑熱負担軽減方策に関する実験的研究(その4):電動ファン付呼吸用保護具と従来型クールベスト併用の効果, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.378.
225) 岡龍雄, 澤田晋一, 安田章典, 田井鉄男, 時澤健, 中山和美, 井田浩文(2013) 酷暑環境下における原発関連復旧模擬作業時の暑熱負担軽減方策の実験的研究:電動ファン付呼吸保護具フード形の効果, 第52回日本生気象学会大会, 日本生気象学会雑誌, Vol.50, No.3, S72.
226) ヴィージェ・モーセン, 松川岳久, 篠原厚子, 大谷勝己, 横山和仁(2013) 妊娠中の血中低ヒ素が貧血のリスクを低減させうる, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.441.
227) ヴィージェ・モーセン, 横山和仁, 松川岳久, 篠原厚子, 大谷勝己(2013) Significant Increase in Maternal Blood Arsenic during Pregnancy, 第72回日本公衆衛生学会総会, 日本公衆衛生雑誌, Vol.60, No.10, p.263.
228) 劉欣欣, 東郷史治, 高橋正也, 久保智英, 石橋圭太, 岩永光一(2013) 精神作業中の休息取得の裁量権が心血管系及び自律神経系へ及ぼす影響, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.413.
229) 劉欣欣, 東郷史治, 高橋正也, 久保智英, 石橋圭太, 岩永光一(2013) 性差から見た精神作業中の休息のタイミングと裁量権の主観的負担度への影響, 日本人間工学会第54回大会, 日本人間工学誌, Vol.49(Suppl.), pp.216-217.
230) 劉欣欣, 岩切一幸, 外山みどり(2013) VDT作業中の休息が心血管系反応に及ぼす影響, 第37回人間−生活環境系シンポジウム, 抄録集, pp.133-134.
231) 尾関美紀, 吉田尚央, 劉欣欣, 石橋圭太, 岩永光一(2013) 音楽によって誘導された気分の主観評価に関する研究, 日本生理人類学会研究奨励発表会.
232) 田村三樹夫, 奈須孝哲, 奥山裕二, 東久保一朗, 菅野誠一郎(2013) ニッケル化合物の分析測定法に関する検討, 第53回日本労働衛生工学会, 抄録集, pp.122-123.
233) 東久保一朗, 田村三樹夫, 依田憲哲, 菅野誠一郎, 平田理恵, 中原将和, 青柳幹治(2013) 水溶性および不溶性ニッケル化合物の作業環境測定方法と測定結果について(事例発表), 第53回日本労働衛生工学会, 抄録集, pp.160-161.
234) 篠原也寸志(2013) セピオライト,タルク等のMg質粘土鉱産物の産出量と国内輸入量の変遷について, 第57回粘土科学討論会, 講演要旨集, pp.148-149.
235) 鷹屋光俊, 山田丸, 篠原也寸志(2013) 拡散反射UVスペクトル測定によるナノ/サブミクロン二酸化チタン粒子の一時粒径別測定の試み, 第53回日本労働衛生工学会, 抄録集, pp.36-37.
236) 小野真理子, 鷹屋光俊, 久保田久代, 篠原也寸志, 甲田茂樹, 鶴岡秀志(信州大学), 明星敏彦(産業医科大学)(2013) 労働環境におけるMWCNT測定−MWCNTエアロゾルとMWCNT含有粉じんについて−, 第30回エアロゾル科学・技術研究討論会, 抄録, pp.59-60.
237) 小野真理子, 明星敏彦(産業医科大学)(2013) カーボンナノチューブの作業環境測定法, 第53回日本労働衛生工学会, 抄録集, pp.40-41.
238) 小嶋純(2013) 調理用ガス器具から発生する有害物質の発生量, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.444.
239) 安彦泰進(2013) 多孔性炭素材料における低濃度有機ガス脱着率の測定, 日本材料科学会平成25年度学術講演大会, 講演予稿集, pp.103-106.
240) 安彦泰進(2013) 活性炭捕集管での各種低濃度有機ガス脱着率の測定, 第14回エコカーボン研究会, 資料集, pp.27-28.
241) 中村憲司, 榊原洋子, 久永直見, 佐々木毅, 久保田均, 柴田延幸, 甲田茂樹(2013) 石綿含有形成板等除去作業時の気中石綿濃度測定事例, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.454.
242) 中村憲司, 榊原洋子, 久永直見, 佐々木毅, 久保田均, 柴田延幸, 甲田茂樹(2013) アスベスト現場分析のための携帯型蛍光顕微鏡性能評価事例, 第54回大気環境学会年会, 講演要旨集, p.369.
243) 山田丸, 鷹屋光俊, 小倉勇(2013) ナノマテリアル取扱い現場におけるばく露評価を目的としたボルテックスミキサーを用いたナノ粒子凝集体の簡易発生装置の検証, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.522.
244) 山田丸, 鷹屋光俊, 小倉勇(2013) ナノ粒子凝集体測定における測定装置付属の粗大粒子除去用インレットの影響 第30回エアロゾル科学・技術研究討論会, 論文集, pp.167-168.
245) 小林史尚, 牧輝也, 柿川真紀子, 山田丸, 松木篤, 長沼毅, 岩坂泰信(2013) 南極域の風送バイオエアロゾルの実装調査, 第65回日本生物工学会大会, 講演要旨集, p.106.
246) 山田丸, 鷹屋光俊, 小倉勇(2013) ダスティネス評価(ボルテックスシェーカー法)により発生させた各種二酸化チタン粒子の発生濃度及び粒径分布と時間変動, 第53回日本労働衛生工学会,抄録集, pp.34-35.
247) 小林史尚, 牧輝弥, 柿川真紀子, 山田丸, 松木篤, 長沼毅, 岩坂泰信(2013) 係留気球を用いた南極域上空の大気バイオエアロゾル直接採集, 第4回極域科学シンポジウム, 講演予稿集, OB-18.
248) 小林史尚, 牧輝弥, 柿川真紀子, 山田丸, 松木篤, 長沼毅, 岩坂泰信(2013) 南極域の大気バイオエアロゾル直接採集と生物分析, 第4回極域科学シンポジウム, 講演予稿集, OM-P7.
249) 山田丸, 鷹屋光俊, 小倉勇(2013) NanoScanによる二酸化チタンナノマテリアルのエアロゾル測定, 第10回エアロゾル学会若手フォーラム.
250) 佐野一矢, 谷戸正樹, 奥野勉, 石場義久, 大平明弘(2013) 透明および着色眼内レンズのメラトニン分泌抑制効果の理論的算出, 第117回日本眼科学会総会, 講演抄録, p.324.
251) 奥野勉, 時澤健, 山口さち子(2013) 抵抗溶接における磁界ばく露の測定調査, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.438.
252) Runa Masuma, 奥野勉, 蔵崎正明(2013) Effects of tinospora cordifolia, a medicinal herb, on ultraviolet radiation-induced cytotoxicity and DNA damage in PC12 cell, 第35回日本光医学・光生物学会, 抄録集, p.37.
253) 奥野勉, 谷戸正樹, 石場義久, 小嶋純, 大平明弘(2013) 眼内レンズを挿入された作業者がアーク溶接を行う場合のブルーライトの有害性, 第24回日本眼科酸化ストレス研究会, プログラム・講演抄録集.
254) 海津幸子, 奥野勉, 谷戸正樹, 大平明弘(2013) 可視光照射によるマウス網膜障害の波長依存性, 第24回日本眼科酸化ストレス研究会, プログラム・講演抄録集.
255) 佐々木真央, チャカロタイ ジェド ヴィスノプ, キック アルフレード, 鈴木敬久, 小島正美, 奥野勉(2013) 眼組織への赤外線照射に関するばく露評価手法の検討, 電子情報通信学会環境電磁工学研究会, 信学技報, Vol.113, No.218, EMCJ2013-57, pp.45-50.
256) 奥野勉, 小島正美, 石場義久, ハサノワ ナイリャ(2013) IR-A波長域の赤外放射が水晶体混濁を引き起こす場合の照度の閾値とその曝露時間に対する依存性, 第53回日本労働衛生工学会, 抄録集, pp.66-67.
257) 奥野勉, 小林憲弘(2013) 液晶式自動遮光溶接面の切換え時間, 第53回日本労働衛生工学会, 抄録集, pp.70-71.
258) 中島 均, 宇都宮昭弘, 居村篤志, 新谷孝政, 藤井信之, 奥野 勉 (2013) アルミニウムのMIG溶接時に発生する紫外線の検討, 第53回日本労働衛生工学会, 抄録集, pp.84-85.
259) 宇都宮昭弘, 中島均, 多賀政雄, 吾妻広紀, 畠山朋久, 藤井信之, 奥野勉(2013) MAG(CO2)溶接時に発生する紫外線の検討, 第53回日本労働衛生工学会, 抄録集, pp.86-87.
260) 畠山朋久, 中島均, 宇都宮昭弘, 藤井信之, 奥野勉(2013) マグ及びCO2溶接時に発生する紫外線量の検討, 平成25年度職業大フォーラム, 講演論文集, pp.82-83.
261) 多賀政雄, 中島均, 宇都宮昭弘, 藤井信之, 居村篤志, 奥野勉(2013) アルミニウム合金のミグ溶接時に放射される紫外線放射量の角度依存性, 職業大フォーラム, 平成25年度職業大フォーラム講演論文集, pp.84-85.
262) 吾妻広紀, 宇都宮昭弘, 中島均, 藤井信之, 奥野勉(2013) 圧延鋼の表面状態が及ぼす紫外線照射量への影響, 職業大フォーラム, 平成25年度職業大フォーラム講演論文集, pp.86-87.
263) 澤田晋一, 安田彰典, 岡龍雄, 田井鉄男, 時澤健, 井田浩文, 中山和美(2013) 原発関連復旧作業時の暑熱負担軽減方策としての事前冷却手技の有用性(第一報), 日本生理人類学会第68回大会, 日本生理人類学会誌 Vol.18, 特別号(1), pp.96-97.
264) 澤田晋一, 時澤健, 安田彰典, 岡龍雄, 田井鉄男, 井田浩文, 中山和美, 三宅康史, 神田潤, 萩原祥弘, 樫村洋次郎(2013) 原発関連復旧作業時の暑熱負担軽減方策としての事前冷却手技の有用性(第二報):事前風冷手技の検討, 日本生理人類学会第69回大会, 日本生理人類学会誌, Vol.18, 特別号(2), pp.62-63.
265) 澤田晋一, 時澤健, 岡龍雄, 安田彰典, 田井鉄男, 中山和美, 井田浩文(2013) 酷暑作業後の身体冷却手技再考:アイスパックによる頸部腋窩部鼠径部の局所冷却は有効か?, 第52回日本生気象学会大会, 日本生気象学会雑誌, Vol.50, No.3, S62.
266) 柴田延幸, 佐々木毅, 久永直見, 柴田英治, 久保田均, 中村憲司, 甲田茂樹(2013) 建設業従事者の騒音/振動工具の使用と聴力低下の自覚症状との関連〜第二報 騒音・振動発生工具別ばく露調査〜, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.513.
267) 柴田延幸(2013) 着座人体の動的応答特性における位相差依存性, Dynamics & Design Conference 2013, アブストラクト集, p.83.
268) 高橋幸雄(2013) 低周波音によって頭部で知覚される振動感覚に対する聴覚の寄与について(第2報), 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.515.
269) 高橋幸雄(2013) 複合低周波音による「頭部の振動感覚」の等感度レベルについて, 日本騒音制御工学会平成25(2013)年秋季研究発表会, 講演論文集, pp.229-232.
270) 薩本弥生, 劉雨, 青柳卓也, 上野哲(2013) 着衣の熱移動性や換気性能に素材の物性やデザインが及ぼす効果,第37回人間—生活環境系シンポジウム報告書, pp.101-104.
271) 上野哲, 田井鉄男, 岡龍雄, 澤田晋一, 池田耕一(2013) 暑熱環境における高齢労働者の最大酸素摂取量, 第52回日本生気象学会, 日本生気象学会雑誌, Vol.50, No.3, S71.
272) 上野哲, 岡龍雄, 田井鉄男, 呂健, 安田彰典, 澤田晋一, 池田耕一(2013) 暑熱環境における高齢労働者の代謝率予測, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl), p.380.
273) 時澤健, 田井鉄男, 安田彰典, 岡龍雄, 澤田晋一(2013) 睡眠不足による暑熱負担の増悪とその対策に関する検討, 第86回日本産業衛生学会, 産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.415.
274) 時澤健, 澤田晋一, 岡龍雄, 安田彰典, 田井鉄男, 中山和美, 井田浩文(2013) 風冷プレクーリングによる防護服着用作業の暑熱負担軽減, 公益社団法人日本産業衛生学会, 平成25年度第2回温熱環境研究会, 抄録集, p.1.
275) 時澤健, 田井鉄男, 呂健, 安田彰典, 岡龍雄, 高橋正也, 澤田晋一(2013) 一晩の部分断眠は午後の暑熱負担を増悪させる, 日本生理人類学会第69回大会, 日本生理人類学会誌, Vol.18, 特別号(2), pp.54-55.
276) 時澤健, 田井鉄男, 呂健, 安田章典, 岡龍雄, 高橋正也, 澤田晋一(2013) 長時間軽作業の暑熱負担を悪化させる睡眠不足とその対策としての昼寝の効果, 第52回日本生気象学会大会, 日本生気象学会雑誌, Vol.50, No.3, S63.
277) 時澤健, 岡龍雄, 安田彰典, 田井鉄男, 澤田晋一, 和田潤, 井田浩文(2014) 対流と蒸散によるプレクーリングの暑熱負担軽減作用, 日本生理学会, 第9回環境生理学プレコングレス, 抄録集, p.17.
278) 大西明宏(2013) ロールボックスパレット起因による労働災害の実態, 第86回日本産業衛生学会, 日本産業衛生学雑誌, Vol.55(Suppl.), p.525.
279) 大西明宏, 高橋明子, 清水尚憲(2013) 高年齢労働者の転倒災害の特徴, 第54回日本人間工学会, 人間工学, Vol. 49, 特別号, pp.162-163.
280) 高橋明子, 高木元也, 三品誠, 島崎敢, 石田敏郎(2013) タブレット端末を用いた建設作業者向け安全教材の教育効果—年齢による比較—, 日本人間工学会第54回大会講演集, Vol.49, pp.270-271.
281) 大西明宏, 高橋明子, 清水尚憲(2013)高年齢労働者の転倒災害の特徴, 日本人間工学会第54回大会講演集, Vol.49, pp.162-163.
282) 呂健(2013) フォークリフトによる労働災害の機械側対策, 電子情報通信学会安全性研究会(2013-7), pp.21-22.
283) 高橋明子, 高木元也(2013) 小売業における労働災害の特徴と再発防止策について(その1)—労働災害の発生傾向とこれまでの行政施策の課題—, 安全工学シンポジウム2013講演予稿集, pp.280-283.
284) 高橋明子, 高木元也, 三品誠, 島崎敢, 石田敏郎(2013) 建設作業者向け安全教材の導入教育への適用, 日本心理学会第77回大会発表論文集, p.1169.
285) 高橋明子, 高木元也, 三品誠, 島崎敢, 石田敏郎(2013) タブレット端末を用いた建設作業者向け安全教材の導入教育への利用可能性, 第31回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会.
286) 呂健, 池田博康, 岡部康平, 芳司俊郎(2013) フォークリフトキャビンからの身体はみ出し検出用光電保護装置の適用と評価, 日本機械学会, 第22回交通・物流部門大会講演論文集, No.13-63, pp.163-164.
287) 大西明宏(2013) ロールボックスパレット(RBP) 起因災害の特徴と対策, 第2回事故削減学際研究会, 配布資料.
288) 大西明宏, 高野倉雅人, 菅間敦(2013) ロールボックスパレットの横方向への操作とハンドル幅の関係—円弧状に90度移動させた場合を対象にして—, 第34回バイオメカニズム学術講演会, 第34回バイオメカニズム学術講演会予稿集, pp.95-96.
289) 大西明宏(2013) 安全な階段のあり方とは?, 第3回職場における転倒災害防止研究会, 配布資料.
290) 大西明宏(2013) ロールボックスパレット(RBP)使用時の手・足部の負傷リスクを低減するためのプロテクター開発, 第1回労働科学フォーラム, 配布資料.
291) 柴田直紀, 高橋明子, 石田敏郎(2013) 説明内容の曖昧さが理解度へ及ぼす影響, 日本人間工学会卒業研究発表会講演集, pp.80-81.
292) 呂健(2014) フォークリフト運転者のための走行前方視覚情報の提供について, 電子情報通信学会福祉情報工学研究会(WIT2014-3).

刊行物・報告書等 研究成果一覧