労働安全衛生総合研究所

低層住宅建築工事における安全活動の実態に関するアンケート調査結果

1.本調査の目的

 本調査は木造住宅等低層住宅建築工事の自主的な安全活動の促進方策を検討することを目的に、低層住宅建築工事業者の安全活動の実態と課題を把握することを目的としています。

2.調査方法

  1. 調査対象:(社)プレハブ建築協会、(社)日本住宅建設産業協会、(社)全国中小建築工事業団体連合会、(社)日本ツーバイフォー建築協会、(社)日本木造住宅産業協会、輸入住宅産業協議会から無作為抽出した企業799社
  2. 調査方法:調査票を郵送し、企業の各社の労務安全管理担当に回答依頼
  3. 調査期間:2008年2月14日〜3月7日
  4. 有効回答件数:回収件数168社(有効回答率21.0%)

3.調査協力

 本調査は(社)住宅生産団体連合会の協力を受け実施しました。

4.主な調査結果


 

報告書全文[PDF:924KB]


刊行物・報告書等 研究成果一覧