労働安全衛生総合研究所

OSHMSの導入・定着による職場環境等の改善対策

 GOHNET研究「中小企業における労働安全衛生マネジメントシステムの確立」(H20〜22)では、企業に労働安全衛生マネジメントシステム(以下、OSHMSとする)を導入・定着することで、職場の安全衛生活動を活性化することができるのか、労働者の安全・健康指標を向上することができるのか、縦断的に追跡することを目的としている。職場の安全衛生活動の活性化を検証していく際の重要なポイントは「積極的な労使参加による安全衛生活動」と「複合的なリスクに対応した安全衛生活動」であり、安全衛生活動を活性化させる具体例としては「職場固有の安全衛生リスクに対応する、オリジナルなアクションチェックリスト」「安全衛生ニーズに対応する安全作業マニュアル」「低コストで実施可能な改善対策」などがあげられる。

 労働者の安全・健康指標の向上を検証するためには、労働災害発生状況や(私傷病を含めた)欠勤・休業状況、健康診断結果などの既存の安全と健康に係わるデータを縦断的な解析を行い、アンケート調査等によって安全衛生意識や心身のストレス反応や負担感、自覚症状などを追跡して検討する必要がある。

 今回の研究に協力していただいた大牟田市では、1年間にわたるOSHMS導入の研修と職場ごとのリスクアセスメント研修を完了し、3年目から実質的なOSHMSがスタートしている。現在、その効果を検証中であるが、ここ数年でみると、活発な安全衛生活動の提案や公務災害の減少など、興味深い成果があらわれ始めている。

 ここでは、本研究で職場に提供してきたOSHMSの導入研修や安全衛生活動における活性化事例や安全・健康指標の向上事例など、研究成果の一端を以下に紹介する。


  1. 研究の概要(PDF:43kB)
  2. 職場に提供したOSHMSの導入研修内容
    1. 第Ⅰ期:小さなPDCAサイクル・安全衛生組織と安全衛生方針(PDF:277kB)
    2. 第Ⅱ期:目標と年間計画・実施と記録(PDF:102kB)
    3. 第Ⅲ期:安全衛生管理規定・内部監査(PDF:947kB)
    4. 第Ⅳ期:OSHMS構築へ向けて(PDF:25kB)
  3. 学校給食安全作業マニュアル(PDF:1,176kB)
  4. 草刈作業の安全作業マニュアル(PDF:2,761kB)
  5. 職場環境等の良好/改善事例集Ⅰ(PDF:5.4MB)・ 職場環境等の良好/改善事例集Ⅱ(PDF:18.5MB)

 なお、2の「学校給食安全作業マニュアル」、3の「草刈作業の安全作業マニュアル」、4の「職場環境等の良好/改善事例集」は研究を実施した大牟田市で作成されたものであるが、HP掲載にあたっては大牟田市職員厚生課の許可を得ている。

刊行物・報告書等 研究成果一覧