労働安全衛生総合研究所

スーパーマーケット店舗内の滑りやすさマップ
滑りによる転倒災害を防止しましょう!

 第12次労働災害防止計画(平成25年度〜29年度)の重点施策の中に、重点業種対策の1つとして小売業が挙げられています。第12次労働災害防止計画によると、小売業における労働災害の特徴として、転倒災害の割合が34%と高く(全業種では約20%)、個人の行動に着目した新しい労働災害防止の手法が必要であると言及しています。

 このような実態を踏まえ、当研究所では平成25年度に開始したプロジェクト研究「労働災害防止のための中小規模事業場向けリスク管理支援方策の開発・普及」のサブテーマ「小売業における転倒災害防止支援策の検討と普及」において、小売業の中でも店舗の規模によらず施設形態が類似しているスーパーマーケットに焦点を当て、転倒災害防止に向けた対策ツールの検討を進めてきました。

 厚生労働省ならびに当研究所は、前述の検討結果を踏まえた成果として、スーパーマーケットの店舗内で頻発している滑りによる転倒災害の防止に向けたツールとして、「スーパーマーケット店舗内の滑りやすさマップ 滑りによる転倒災害を防止しましょう!」を作成しました。

 本マップはスーパーマーケット店舗内において実際に測定した12場面の静摩擦係数にもとづいて「滑りやすさ」を3段階で判定するとともに、滑りにくくするための対策を例示しました。本マップの判定結果はすべての店舗に適用できるとは限りませんが、似たような場面は多くあると思いますので、どれくらい滑りやすいのか、そしてこのような時にどのような対策をしたらよいのかを検討するための参考になればと考えております。本マップは以下よりダウンロードできますのでご活用ください。

◆ スーパーマーケット店舗内の滑りやすさマップ 本体(A4サイズ・16ページ)[PDFファイル: 4,556KB]

滑りやすさマップ表紙


 本マップを作成するに当たり、複数の企業からスーパーマーケット店舗での静摩擦係数測定にご協力いただきました。ここに記して感謝の意を表します。

清掃中のスーパー店員と客バックヤードでの説明

刊行物・報告書等 研究成果一覧