労働安全衛生総合研究所

安衛研ニュースNo.8 (2008-12-5)

独立行政法人労働安全衛生総合研究所

安衛研ニュースNo.8 をお届けします。

---------------------------------------------------------
【安衛研ニュース】 No.8 (2008-12-5)の内容
8-1 安衛研国際セミナー(平成20年度第2回 12月10日開催)のご案内
 開催間近です。参加ご希望の方は申し込みをお急ぎ下さい。
8-2 労働安全衛生対策普及センター 第6回 公開セミナー(平成21年1月19日)のご案内
 「イギリスHSE・ドイツBGIA&DGUVの振動障害と騒音性難聴の予防などの取り組みについて」
8-3 「Industrial Health」 Vol.46, No.6, November 2008 を発行しました。
---------------------------------------------------------

8-1.安衛研国際セミナー(平成20年度第2回)のご案内

来る12月10日、当研究所登戸地区に米国厚生省FDA所管国立毒性学研究センターのDr. Martha M. Mooreを迎え、安衛研国際セミナー第2回を開催します。参加費無料です。皆様のご参加をお待ちしております。
http://www.jniosh.go.jp/announce/2008/1203/index.html

【日時】平成20年12月10日(水) 13:00-14:30
【場所】(独)労働安全衛生総合研究所 登戸地区 研究本館2階会議室
神奈川県川崎市多摩区長尾6-21-1
http://www.jniosh.go.jp/access/index.html#saniken
【講演者】Dr. Martha M. Moore
米国厚生省FDA所管国立毒性学研究センター遺伝毒性・生殖毒性研究部部長
【演題】新しい遺伝子変異検出法の開発と応用およびその国際協調
Development and utilization of new gene mutation assays and their international harmonization

【内容】
米国厚生省FDA所管の国立毒性学研究センターの遺伝毒性・生殖毒性研究部部長のDr. Martha M. Mooreが、日本での学会の招聘で来日しておりますが、この度当研究所を訪問されることになり、この機会を利用して国際セミナーを開催することになりました。

Dr. Mooreのご専門は(1)体外および生体内における化学物質による遺伝子変異の検出方法の開発と応用、(2)遺伝毒性データを用いての化学物質の発がんリスクアセスメント、(3)行政規制の策定における動物およびヒトの遺伝毒性データの統合と応用、などです。

Dr. Mooreは米国FDAやEPAを始め、多くの政府機関専門家諮問委員を務めております。また、インビトロ遺伝子変異検出法であるマウスリンフォーマアッセイ法の国際ハーモニゼーション委員長も担当しております。さらに、Dr. Mooreは米国毒性学会、環境変異原学会、リスク評価学会やヨーロッパおよび英国の関連学会のいくつかの専門委員会の委員であり、学会においても大変活躍しております。

今回の講演は、米国FDAおよび国立毒性研究センターの概略を紹介した後、研究室で行っている新しい遺伝子変異検出法(Pig-A変異)やがんのバイオマーカーの開発、さらにマウスリンフォーマアッセイ法に関する国際ワーキンググループのコンセンサスを紹介いたします。化学物質の遺伝毒性研究の最新情報や国際動向のほか、行政管理における研究データの統合と応用など、幅広い内容となります。当該研究分野に関心のある大学、研究機関、労働衛生機関、企業等の方々のご参加を歓迎申し上げます。

【参加申し込み方法】
参加ご希望の方は、お名前、ご所属、連絡先を下記までご連絡下さい。
参加料は無料です。なお 講演は英語で行なわれます(通訳なし)。

【連絡先】(独)労働安全衛生総合研究所 国際情報・研究振興センター
担当:澤田  TEL: 044 (865) 6111 FAX: 044 (865) 6124
E-mail: sawada@h.jniosh.go.jp


----------------------------------------------------------

8-2.労働安全衛生対策普及センター 第6回 公開セミナーのご案内

「労働安全衛生対策普及センター」において、第6回公開セミナーを下記の要領で行います。皆様のご参加をお待ちしております。なお,参加費は無料です。

【日時】平成21年 1月19日(月) 14:00-16:00
【場所】東京都清瀬市梅園1-4-6 労働安全衛生対策普及センター2F会議室
【講演者】神田豊和氏(全日本建設交運一般労働組合)

【内容】
建交労全国労災職業病部会では、2008年5月12日から16日までイギリス・HSE、HIRE(欧州賃貸業組合)、ドイツ・BGIA,DGUVを訪問し、振動障害と騒音性難聴の予防などの取り組みについて視察・懇談してきました。今回の公開セミナーでは、その視察内容についてご報告いたします。


【連絡先】(独)労働安全衛生総合研究所・労働安全衛生対策普及センター
担当:杉渕、上田、中條  TEL:042-495-5931, FAX:042-495-5936

---------------------------------------------------------

8-3.「Industrial Health」 Vol.46, No.6, November 2008 を発行しました。

当研究所では英文学術誌 Industrial Health を発行しています。
11月末に発行した最新号の内容は以下のとおりとなっています。
なお、Industrial Health のバックナンバーは下記のページに 無料掲載しています。
是非ご照覧ください。

当研究所のページ http://www.jniosh.go.jp/en/indu_hel/index.html
J-Stageのページ  http://www.jstage.jst.go.jp/browse/indhealth/-char/ja/


11月末発行の「Industrial Health」の内容は以下のとおりです。
---------------------------------------------------------

Volume 46, Number 6, November 2008

Seoul Declaration on Safety and Health at Work The Safety and Health Summit

Explanation of Seoul Declaration on Safety and Health at Work

【EDITORIAL】
Bibliometric Research in Occupational Health
(Derek R. SMITH, Jean-Francois GEHANNO and Ken TAKAHASHI)

【REVIEW ARTICLES】
A Review of Work Schedule Issues and Musculoskeletal Disorders with an Emphasis on the Healthcare Sector
(Claire C. CARUSO and Thomas R. WATERS)

Asbestos-related Occupational Lung Diseases in NSW, Australia and Potential Exposure of the General Population
(Eun-Kee PARK, Kirsty M. HANNAFORD-TURNER, Rebecca A. HYLAND, Anthony R. JOHNSON and Deborah H. YATES)

【ORIGINAL ARTICLES】
Suicide Mortality of Young, Middle-aged and Elderly Males and Females in Japan for the Years 1953-96: Time Series Analysis for the Effects of Unemployment, Female Labour Force, Young and Aged Population, Primary Industry and Population Density
(Akiko YAMASAKI, Shunichi ARAKI, Ryoji SAKAI, Kazuhito YOKOYAMA and A. Scott VOORHEES)

Energy Absorption of Seated Occupants Exposed to Horizontal Vibration and Role of Back Support Condition
(Subhash RAKHEJA, Santosh MANDAPURAM and Ren G. DONG)

L-arginine Reduces Mercury Accumulation in Thymus of Mercury-exposed Mice: Role of Nitric Oxide Synthase Activity and Metallothioneins
(Massimo BRACCI, Marco TOMASETTI, Marco MALAVOLTA, Viviana BONACUCINA, Eugenio MOCCHEGIANI and Lory SANTARELLI)

A Study for Safety and Health Management Problem of Semiconductor Industry in Taiwan
(Chin-Jung CHAO, Hui-Ming WANG, Wen-Yang FENG and Feng-Yi TSENG)

A Simple Direct Injection Method for GC/MS Analysis of PAHs in Particulate Matter
(Mariko ONO-OGASAWARA, Toshihiko MYOJO and Thomas J. SMITH)

Sleeping and Working Hours of Residents at a National University Hospital in Japan
(Kazushi TAODA, Kenji NAKAMURA, Teruyo KITAHARA and Katsuo NISHIYAMA)

Validation of the Dutch Occupational Impact of Sleep Questionnaire (OISQ)
(Joris C VERSTER, Beverley DAVID, Kevin MORGAN and Berend OLIVIER)

Associations between Cardiovascular Risk Factors and Carotid Atherosclerosis in Middle-aged Japanese Men with Multiple Risk Factors
(Kyoko KIRII, Shigemi TANAKA, Kazumasa YAMAGISHI, Hiroyasu ISO, Susumu SAKURAI and Takeshi TANIGAWA)

Effects of Perceived Job Insecurity on Perceived Anxiety and Depression in Nurses
(Fatma OEzyaman BOYA, Yuecel DEMIRAL, Alp ERGOER, Yildiz AKVARDAR and Hans De WITTE)

Alleviation of Heat Strain by Cooling Different Body Areas during Red Pepper Harvest Work at WBGT 33°C
(Jeong-Wha CHOI, Myung-Ju KIM and Joo-Young LEE)

【SHORT COMMUNICATION】
Establishment of One-axis Vibration Test System for Measurement of Biodynamic Response of Human Hand-arm System
(Nobuyuki SHIBATA, Naoki HOSOYA and Setsuo MAEDA)

【CASE REPORT】
Myoclonic Encephalopathy after Exposure to Trichloroethylene
(Pere SANZ, Santiago NOGUE, Daniel VILCHEZ, Elisa SALVADO, Amparo CASAL and Giancarlo LOGROSCINO)


Author Index to Volume 46(2008)
Subject Index to Volume 46(2008)
Acknowledgements

─────────────────────────────

【ご注意】
★このメールは労働安全衛生総合研究所(旧産業安全研究所及び旧産業医学総合研究所を含む)に配信を登録された方に配信しています。
★このメールは送信専用のアドレスから発信しておりますので、メールにご返信いただきましても対応致しかねますのであらかじめご了承ください。
★配信先の追加、配信停止、配信先の変更は下記からお願い致します。
 http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/toroku.html
★研究所へのご意見、ご質問等は下記からお願い致します。
 http://www.jniosh.go.jp/contact/index.html
★その他不明な点は下記までご連絡ください。
 独立行政法人労働安全衛生総合研究所
  清瀬地区:Tel 042-491-4512
  登戸地区:Tel 044-865-6111
★当メールマガジンのバックナンバーは下記からご覧いただけます。
 http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/index.html
Copyright(c)2008 独立行政法人労働安全衛生総合研究所

刊行物・報告書等 研究成果一覧