労働安全衛生総合研究所

安衛研ニュースNo. 30 (2010-12-03)

独立行政法人労働安全衛生総合研究所

** 本メールは労働安全衛生総合研究所に配信を登録された方に配信しています。
** 次回配信予定:2011年1月7日 (毎月第一金曜日発行)
-------------------------------------------------------------------------
 目次
-------------------------------------------------------------------------
【30-1】お知らせ
 1. 平成22年度労働安全衛生重点研究推進協議会シンポジウムの開催の御案内
 2. OSHMSの導入・定着による職場環境等の改善対策の御紹介
 3. 安全資料No.27「食品機械を対象とした労働災害分析」発行・公開
 4. アンケート結果の御報告

【30-2】コラム
 『溶接作業場における粉じん対策に関する研究』
  (環境計測管理研究グループ 上席研究員 小嶋 純)

▼▼

-------------------------------------------------------------------------
【30-1】お知らせ
-------------------------------------------------------------------------

1. 平成22年度労働安全衛生重点研究推進協議会シンポジウムの開催の御案内
 労働安全衛生総合研究所は、標記シンポジウムを下記のとおり開催いたします。安全衛生分野の研究者,労働安全・衛生コンサルタント等の専門家,企業の安全衛生関係者,行政,労使等,多数の方々の御来場をお待ちしております(入場無料)

日時と開催場所:
  平成23年1月6日(木)10:00?17:00
  女性と仕事の未来館 4階ホール(東京都港区芝5-35-3)
  *事前申し込み必要 期限:12月24日(金)
 ↓↓↓ 詳細は以下のページを御覧ください ↓↓↓
 http://www.jniosh.go.jp/announce/2010/0920/index.html

2 .OSHMSの導入・定着による職場環境等の改善対策の御紹介
 労働安全衛生マネジメントシステム(以下「OSHMS」という。)は、事業所における安全衛生水準の向上を図ることを目的として、計画的かつ継続的に安全衛生管理を主体的に推進するためのシステムです。当研究所では、企業にOSHMSを導入・定着することで、職場の安全衛生活動を活性化することができるのか、労働者の安全・健康指標を向上することができるのか、縦断的な追跡研究行っています。ここでは、本研究で職場に提供してきたOSHMSの導入研修,安全衛生活動における活性化事例,安全・健康指標の向上事例など、研究成果の一端を御紹介します。
 ↓↓↓ 詳細は以下のページを御覧ください ↓↓↓   http://www.jniosh.go.jp/results/2010/1122/index.html

3. 安全資料No.27「食品機械を対象とした労働災害分析」発行・公開
 当研究所の刊行物である安全資料として、No.26「機械サーボプレスの急停止時間の決定方法に関する研究」が発行・公開されました。
 ↓↓↓ 詳細は以下のページを御覧ください ↓↓↓
 http://www.jniosh.go.jp/publication/TD/all.html

4. アンケート結果の御報告
 前号のアンケート結果を御報告いたします。
 ↓↓↓ 詳細は以下のページを御覧ください ↓↓↓
 http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/2010/30-1.html

-------------------------------------------------------------------------
【30-2】コラム
 『溶接作業場における粉じん対策に関する研究』
  (環境計測管理研究グループ 上席研究員 小嶋 純)
-------------------------------------------------------------------------
 じん肺は古くから知られる代表的な職業病であり、その予防・対策に関しては既に膨大な研究報告が存在します。溶接作業場における粉じん対策は、他の粉じん作業場と比べると概して遅れがちなのですが、これは溶接作業に特有の諸事情(高濃度の粉じんが呼吸域近傍で発生すること、また、粉じん発生源が多くの場合に移動を伴うこと、など)が背景にあるからと考えられます。
 したがって、じん肺の防止対策上、溶接粉じん問題は今でも外せない研究対象であり、当研究所でも溶接現場における作業環境管理に関する研究を10年以上にわたり地道に行っております。以下にはこれまでに行った溶接粉じんに関する研究について簡単に御紹介したいと思います。
 ↓↓↓ 詳細は以下のページを御覧ください ↓↓↓
  http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/2010/30-2.html

▼▼

-------------------------------------------------------------------------
【今回の記事で一番よかったものはどれでしょうか?次の5つの記事のうちから、サイトを1つクリックしてください。】

    ー コメントもご遠慮なくどうぞ

*本アンケートは外部のフリーサービスを利用しており、当研究所のメールマガジンと直接関係はありません。
*掲示板の利用に当り個人情報(お名前、メール等)をご記入されます際には、その旨をご了承の上ご利用ください。

◆【30-1-1】平成22年度労働安全衛生重点研究推進協議会シンポジウムの開催の御案内
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033809A18911
◆【30-1-2】OSHMSの導入・定着による職場環境等の改善対策の御紹介
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033809A21166
◆【30-1-3】安全資料No.27「食品機械を対象とした労働災害分析」発行・公開
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033809A34b91
◆【30-1-4】アンケート結果の御報告
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033809A485ef
◆【30-2】コラム『溶接作業場における粉じん対策に関する研究』
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033809A517ea
○結果を見る
http://clickenquete.com/a/r.php?Q0033809C47f4
○コメントボード
http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0033809P00Ce0c8

締切:2010年12月10日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

注;システムの都合上、同一サイトからのアンケートは最初の1回だけが有効です。ただしコメントは自由に追加できます。

-------------------------------------------------------------------------
【ご注意】
* 配信先の追加、配信停止、配信先の変更
http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/toroku.html
* 本メールマガジンへの御意見、御質問等はこちらのページからどうぞ。
http://www.jniosh.go.jp/contact/index.html
* なお、本メールは送信専用のアドレスから発信しております。このメールに御返信いただきましても対応いたしかねますので、あらかじめ御了承ください。
-------------------------------------------------------------------------
Copyright(c)2010 独立行政法人労働安全衛生総合研究所

刊行物・報告書等 研究成果一覧