労働安全衛生総合研究所

安衛研ニュースNo. 31 (2011-01-07)

独立行政法人労働安全衛生総合研究所

** 本メールは労働安全衛生総合研究所に配信を登録された方に配信しています。
** 次回配信予定:2011年2月4日 (毎月第一金曜日発行)
-------------------------------------------------------------------------
目次
-------------------------------------------------------------------------
【31-1】新年の御挨拶(理事長 前田 豊)
【31-2】お知らせ
1.「ストレスに関連する症状・不調として確認することが適当な項目等に関する調査研究」報告書
2.労働安全衛生総合研究所 特別研究報告 SRR-No40公開ナノ粒子のリスク評価に関する研究その他5研究
3.アンケート結果の御報告
【31-3】コラム
『静電気による障害及び災害』
(電気安全研究グループ 主任研究員 崔 光石)


▼▼

-------------------------------------------------------------------------
【31-1】新年の御挨拶
(理事長 前田 豊)
-------------------------------------------------------------------------
 明けましておめでとうございます。

 当研究所は、今年3月に業務運営に関する目標(中期目標)5か年の終了を迎えます。このため昨年は、厚生労働省独立行政法人評価委員会及び総務省政策評価・独立行政法人評価委員会による年度評価及び中期目標期間中の暫定評価が実施されましたが、加えて省内事業仕分け及び独立行政法人・公益法人等整理合理化委員会それぞれによる組織・業務の見直しも実施されました。これらの結果をふまえ今年4月には新たな中期目標の下での業務が始まることになります。
 研究所の使命である労働災害・業務上疾病の予防のための労働安全衛生技術の向上とそれの社会への還元については、その重要性をお認め頂いていると思っておりますが、より効率的な運営、及び効果的な成果の活用についてはいろいろと注文を頂いているところです。今後よりよき研究所とすべく努力して参る所存でありますので、よろしくご支援を頂ければ幸いに存じます。

-------------------------------------------------------------------------
【31-2】お知らせ
-------------------------------------------------------------------------
1.「ストレスに関連する症状・不調として確認することが適当な項目等に関する調査研究」報告書
 当研究所では厚生労働省からの要請を受け、労働者のストレスに関する症状・不調を適切かつ簡便に確認するための標準的な項目を検討することとなり、職場の実態等を踏まえた実用的なチェックリスト及び判定基準のあり方について標記の報告書を取りまとめました。
 本報告書の一部は、11月4日に開催された第46回労働政策審議会・安全衛生分科会における審議資料として提出され、また、12月22日に取りまとめられた労働政策審議会の建議「今後の職場における安全衛生対策について」において言及されています。
 本報告書を基に、今後、厚生労働省において、労働者のストレスに関連する症状・不調を簡易に確認するための標準的な例が示される予定です。
 ↓↓↓ 詳細は以下のページを御覧ください ↓↓↓
 http://www.jniosh.go.jp/results/2010/1129/index.html

2.労働安全衛生総合研究所 特別研究報告 SRR-No40公開
 当研究所の刊行物である特別研究報告SRR-No40が発行・公開されました。
SRR-No40-1 危険・有害物規制の調和のための統一的危険・有害性評価体系の構築に関する研究
SRR-No40-2 高圧設備の長期使用に対応した疲労強度評価手法に関する研究
SRR-No40-3 先端産業における材料ナノ粒子のリスク評価に関する研究
SRR-No40-4 第三次産業の小規模事業所における安全衛生リスク評価法の開発に関する研究
SRR-No40-5 事故防止のためのストレス予防対策に関する研究
SRR-No40-6 誘導結合プラズマ質量分析計及びその他の機器による労働環境空気中有害金属元素測定方法の規格制定に関わる研究
 ↓↓↓ 詳細は以下のページを御覧ください ↓↓↓
 http://www.jniosh.go.jp/publication/SRR/all.html#2010

3.アンケート結果の御報告
 前号のアンケート結果を御報告いたします。
 ↓↓↓ 頂いたご意見についての御回答はごちらを御覧ください ↓↓↓
 http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/2011/31-2.html

-------------------------------------------------------------------------
【31-3】コラム
『静電気による障害及び災害』
(電気安全研究グループ 主任研究員 崔 光石)
-------------------------------------------------------------------------
 冬期には日常生活で頻繁に静電気放電に遭遇しますが、産業安全の観点からみた静電気放電が引き起こす問題について解説いたします。

 ↓↓↓ 詳細は以下のページを御覧ください ↓↓↓
 http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/2011/31-1.html


▼▼

-------------------------------------------------------------------------
【今回の記事で一番よかったものはどれでしょうか? 次の5つの記事のうちから、サイトを、1つクリックしてください。】
− コメントも御遠慮なくどうぞ。−

*本アンケートは外部のフリーサービスを利用しており、当研究所のメールマガジンと直接関係はありません。
*掲示板の利用に当り個人情報(お名前、メール等)をご記入されます際には、その旨をご了承の上ご利用ください。

◆【31-1】新年の御挨拶
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033984A17e6f
◆【31-2-1】ストレス関連症状等に関する調査研究報告書
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033984A2e6ff
◆【31-2-2】特別研究報告 SRR-No40公開
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033984A370c1
◆【31-2-3】アンケート結果の御報告
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033984A41826
◆【31-3】コラム『静電気による障害及び災害』
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0033984A5b179
○結果を見る
http://clickenquete.com/a/r.php?Q0033984Cc968
○コメントボード
http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0033984P00C9798

締切:2011年01月14日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

注;システムの都合上、同一サイトからのアンケートは最初の1回だけが有効です。ただしコメントは自由に追加できます。

-------------------------------------------------------------------------
【ご注意】
* 配信先の追加、配信停止、配信先の変更
http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/toroku.html
* 本メールマガジンへの御意見、御質問等はこちらのページからどうぞ。
http://www.jniosh.go.jp/contact/index.html
* なお、本メールは送信専用のアドレスから発信しております。このメールに御返信いただきましても対応いたしかねますので、あらかじめ御了承ください。
-------------------------------------------------------------------------
Copyright(c)2011 独立行政法人労働安全衛生総合研究所

刊行物・報告書等 研究成果一覧