労働安全衛生総合研究所

安衛研ニュースNo. 64 (2014-01-10)

独立行政法人労働安全衛生総合研究所

** 本メールは労働安全衛生総合研究所に配信を登録された方に配信しています。
** 次回配信予定:2014年2月7日 (毎月第一金曜日発行)

------------------------------------------------------------------------
目次
------------------------------------------------------------------------
【64-1】新年の御挨拶 『平成26年を迎えて』
(独立行政法人労働安全衛生総合研究所 理事長 前田 豊)

【64-2】お知らせ
 1.「労働安全衛生総合研究所一般公開」のお知らせ(第一報)
 2.INDUSTRIAL HEALTH Vol.51 No.6の発行・公開
 3.アンケート結果の御報告

【64-3】コラム
 『爆発や火災の原因となる静電気の発生メカニズムに迫る
 −電荷の発生とマイクロギャップ放電による緩和現象−』
  (電気安全研究グループ 任期付研究員 三浦崇)

▼▼

------------------------------------------------------------------------
【64-1】新年の御挨拶 『平成26年を迎えて』
(独立行政法人労働安全衛生総合研究所 理事長 前田 豊)
------------------------------------------------------------------------
 明けましておめでとうございます。今年こそは事故・災害のない平和な年となることを祈念致します。

 昨年は土砂崩壊事故や爆発事故など大きな災害が続き、研究所はその調査に多忙を極めた年でした。振り返れば、昨年も、一昨年も同じようなことを言っているように思います。残念なことです。

 労働安全衛生総合研究所がこれら労働災害(職業性疾病を含む)の防止に貢献する調査研究を行うことは、前身の両研究所設立時から変わりませんが、その方向性については少しずつ変化を見せているところです。

 第12次労働災害防止計画(12次防)が昨年スタートしました。かつての労働災害防止計画は研究所の活動とは無関係に策定されていたものと思われ、また研究所側も災防計画を考慮した研究はほとんど無いと言って良かったと思います。しかし時代は変わり、12次防では研究所の提供する(であろう)科学的根拠による施策が意識され、逆に研究所側でも12次防での位置づけを意識した課題策定がなされるようになっています。

 もとより1つの研究所だけでそれに全面的に応えられるほど問題は易しくはありません。逆にまた、災防計画のみを意識して研究を考えては長期的視野が損なわれてしまうことになるでしょう。われわれには、災害防止という行政的な目的を持った研究機関として、社会的要請と学術的要請の両者を満たす活動が求められています。欲張りなようですがそれに応えるべく努力して参りたいと存じます。

------------------------------------------------------------------------
【64-2】お知らせ
------------------------------------------------------------------------
1.「労働安全衛生総合研究所一般公開」のお知らせ(第一報)
 労働安全衛生総合研究所では、研究施設の一般公開(無料)を次のとおり行います。

 働く人の安全に関する研究施設公開(清瀬地区) 4月16日(水)
 働く人の健康に関する研究施設公開(登戸地区) 4月20日(日)

 多数の方々のおいでをお待ちしております。

 ↓↓↓ 詳細は以下のページを御覧ください ↓↓↓
 http://www.jniosh.go.jp/announce/2014/open14/index.html


2.INDUSTRIAL HEALTH Vol.51 No.6の発行・公開
 当研究所の刊行物であるIndustrial Health誌第51巻第6号が発行・公開されました。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容を御覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/en/indu_hel/index.html


3.アンケート結果の御報告
 前号のアンケート結果を御報告いたします。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容を御覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/2014/64-enquete.html


------------------------------------------------------------------------
【64-3】コラム
 『爆発や火災の原因となる静電気の発生メカニズムに迫る
 −電荷の発生とマイクロギャップ放電による緩和現象−』
 (電気安全研究グループ 任期付研究員 三浦崇)
------------------------------------------------------------------------
 冬になると気になるのが静電気です。このコラムでは、接触で最初に発生する電荷の測定とマイクロギャップ放電について、最近の研究結果も含めて解説したいと思います。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容を御覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/2014/64-column.html

▼▼

------------------------------------------------------------------------
☆【今回の記事で一番よかったものはどれでしょうか? 次の5個の記事のうちから、サイトを、1つクリックしてください。】

☆コメントも御遠慮なくどうぞ。

*本アンケートは外部のフリーサービスを利用しており、当研究所のメールマガジンと直接関係はありません。
*掲示板の利用に当たり個人情報(お名前、メール等)を御記入されます際には、その旨を御了承の上、御利用ください。

◆【64-1】平成26年を迎えて
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0037574A12ec6
◆【64-2-1】研究所一般公開のお知らせ(第一報)
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0037574A23b49
◆【64-2-2】INDUSTRIAL HEALTH Vol.51 No.6
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0037574A3fa0e
◆【64-2-3】アンケート結果の御報告
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0037574A4cfa1
◆【64-3】コラム『静電気の発生メカニズム』
http://clickenquete.com/a/a.php?M0002976Q0037574A5dd00
○結果を見る
http://clickenquete.com/a/r.php?Q0037574C9e4f
○コメントボード
http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0037574P00C0f17

締切:2014年01月17日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

注;システムの都合上、同一サイトからのアンケートは最初の1回だけが有効です。ただしコメントは自由に追加できます。

------------------------------------------------------------------------
【御注意】
* 配信先の追加、配信停止、配信先の変更
http://www.jniosh.go.jp/mail-mag/toroku.html
* 本メールマガジンへの御意見、御質問等はこちらのページからどうぞ。
http://www.jniosh.go.jp/contact/index.html
* なお、本メールは送信専用のアドレスから発信しております。このメールに御返信いただきましても対応いたしかねますので、あらかじめ御了承ください。
------------------------------------------------------------------------

Copyright(c)2014 独立行政法人労働安全衛生総合研究所

刊行物・報告書等 研究成果一覧