労働安全衛生総合研究所

安衛研ニュースNo. 86 (2015-12-04)

独立行政法人労働安全衛生総合研究所


** 本メールは労働安全衛生総合研究所に配信を登録された方に配信しています。
**次回配信予定:2016年1月8日 (毎月第一金曜日発行)

************************************************************************
 2016年1月の第一金曜日は元日のため、次号は第二金曜日の発行になります。
************************************************************************

------------------------------------------------------------------------
目次
------------------------------------------------------------------------
【86-1】お知らせ
 1. イラク労働・社会福祉省副大臣ご一行の当研究所視察訪問
 2. 研究員の公募について
 
【86-2】コラム
 1.『低周波音とその人体への影響に関する研究について』
  (人間工学・リスク管理研究グループ 上席研究員 高橋幸雄)
 2.『建築用タワークレーンの耐震安全性』
  (建設安全研究グループ 上席研究員 高梨成次)
 3.『COSH 2015に参加して』
  (国際情報・研究振興センター センター長 山隈瑞樹)

▼▼

------------------------------------------------------------------------
【86-1】お知らせ
------------------------------------------------------------------------
1.イラク労働・社会福祉省副大臣ご一行の当研究所視察訪問
 平成27年11月18日および19日の両日、イラク労働・社会福祉省副大臣ご一行が当研究所の清瀬地区および登戸地区に来訪され、当研究所の役員、研究員らと意見交換を行われるとともに、研究施設を視察されました。今回のご来訪は、国際協力機構(JICA)の招聘事業に基づくものであり、わが国の労働安全衛生事情および関連の研究の現状を把握することが目的でした。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2015/86-1.html


2. 研究員の公募について
 当研究所では、以下の分野で研究員を公募しています(応募締切:平成28年1月6日(水)(当日必着))。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
<電気安全、制御安全>
https://www.jniosh.go.jp/jobs/electrical.html

<化学物質のリスクアセスメント>
https://www.jniosh.go.jp/jobs/risk_assessment.html

------------------------------------------------------------------------
【86-2】コラム
------------------------------------------------------------------------
1.『低周波音とその人体への影響に関する研究について』
  (人間工学・リスク管理研究グループ 上席研究員 高橋幸雄)
 低周波音」という言葉をご存知でしょうか。「低周波音」ってどんな音なのだろう?普通の音と何が違うのだろうか?と思われるかもしれません。安衛研(登戸地区)には低周波音実験室があり、低周波音が人体に及ぼす影響についての研究を行っています。当コラムでは、低周波音がどの様な音なのかを解説し、併せて当研究所における研究の一端(低周波音によって生じる振動感の特性を調べる研究など)をご紹介します。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2015/86-column-1.html

2.『建築用タワークレーンの耐震安全性』
   (建設安全研究グループ 上席研究員 高梨成次)
 現在の建設現場において、タワークレーンは、必要不可欠な建設機械になっています。日本のような地震多発国では、タワークレーンにも建築物と同様に高い耐震性能が要求されます。そこで当コラムでは「タワークレーン」の耐震設計についてご紹介します。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2015/86-column-2.html


3.『COSH 2015に参加して』
   (国際情報・研究振興センター センター長 山隈瑞樹)
 東南アジア各国、特に東南アジア諸国連合(ASEAN)は、近年、経済発展が目覚ましく、日本企業も多数進出しています。また労働安全衛生に関しても力を入れており、特にマレーシアはその中心的存在として存在感のある国です。そのような中、マレーシアNIOSHと当研究所との研究協力の推進という目的を兼ね、マレーシア最大の労働安全衛生に関するイベント(COSH 2015)に参加する機会を得ましたので概要を紹介します。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2015/86-column-3.html



▼▼

------------------------------------------------------------------------
【ご注意】

* 配信停止をご希望の方は、こちらまでご返信ください。
mailmag@s.jniosh.go.jp

* なお、本メールは送信専用のアドレスから発信しております。このメールに
ご返信いただきましても対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
------------------------------------------------------------------------

Copyright(c)2015 独立行政法人労働安全衛生総合研究所

刊行物・報告書等 研究成果一覧