労働安全衛生総合研究所

安衛研ニュースNo. 88 (2016-02-05)


** 本メールは労働安全衛生総合研究所に配信を登録された方に配信しています。
**次回配信予定:2016年2月5日 (毎月第一金曜日発行)

------------------------------------------------------------------------
目次
------------------------------------------------------------------------
【88-1】おしらせ
 1.「労働安全衛生総合研究所一般公開」のお知らせ(第二報)
 2. 「労働安全衛生研究」誌特集号の原稿募集のお知らせ

【88-2】コラム
 1.『最近の感電死亡災害の分析と今後の対策』
  (電気安全研究グループ 部長 富田 一)
 2.『化学物質のDNA損傷性を検出せよ! ?職業性発がん撲滅を目指して?』
  (健康障害予防研究グループ 任期付研究員 豊岡 達士)

▼▼

------------------------------------------------------------------------
【88-1】お知らせ
------------------------------------------------------------------------
1.『「労働安全衛生総合研究所一般公開」のお知らせ(第二報)』
 労働安全衛生総合研究所では、研究施設の一般公開(無料)を次のとおり行います。事前のお申し込みは必要ありません。
・働く人の安全に関する研究施設公開(清瀬地区):
    平成28年4月20日(水)13:00?17:00(受付時間:12:30?16:00)
    
・働く人の健康に関する研究施設公開(登戸地区):
    平成28年4月24日(日)13:30?17:00(受付時間:13:00?16:00)
多数の方々のおいでを心よりお待ちしております。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/announce/2016/kouen.html


2. 「労働安全衛生研究」誌特集号の原稿募集のお知らせ
 次年度「労働安全衛生研究」誌では、特集『労働安全衛生分野における教育』を組む予定で、現在皆様からの投稿を受け付け中です。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。[PDF] ↓↓↓
https://www.jniosh.go.jp/publication/pdf/boshu.pdf


------------------------------------------------------------------------
【88-2】コラム
------------------------------------------------------------------------
1.『最近の感電死亡災害の分析と今後の対策』
  (電気安全研究グループ 部長 富田 一)
 電気が原因となった労働災害には感電、火傷、電気ショックによる墜落などの災害があります。このうち過去10年間の感電災害を分析したところ、建設業が最も多く、次いで製造業となっていました。規模別では29人以下の小規模事業所での死亡者数が多く、発生原因としては漏電、絶縁不良などの設備的な要因よりも作業者のエラーや安全管理体制に依存する傾向が見られました。今後、安全管理体制の構築のために効果的な事例を収集し、その方策を水平展開することを進めていきたいと思います。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2016/88-column-1.html

2.『化学物質のDNA損傷性を検出せよ! ?職業性発がん撲滅を目指して?』
   (健康障害予防研究グループ 任期付研究員 豊岡 達士)
 現在、非常に多くの種類の化学物質が存在し、労働現場において使われております。しかしながら、このほとんどについては発がん性が不明であるため、労働者は知らず知らずのうちに発がん性物質にばく露されている可能性が否定できません。化学物質による発がんはばく露されてから影響が現れるまでに長い年月がかかります。このことが発がん性の評価を難しくしてきましたが、近年では「化学物質のDNA損傷性の有無を評価する」という手法で発がん性の評価が可能となってきました。このDNA損傷性の有無の評価を簡便にできるよう当研究所にて開発を進めております「リン酸化ヒストンH2AX」を中心に解説します。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2016/88-column-2.html



▼▼

------------------------------------------------------------------------
【ご注意】

* 配信停止をご希望の方は、こちらまでご返信ください。
mailmag@s.jniosh.go.jp

* なお、本メールは送信専用のアドレスから発信しております。このメールに
ご返信いただきましても対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
------------------------------------------------------------------------

刊行物・報告書等 研究成果一覧