労働安全衛生総合研究所

安衛研ニュースNo. 91 (2016-05-13)


** 本メールは労働安全衛生総合研究所に配信を登録された方に配信しています。
**次回配信予定:2016年6月3日 (毎月第一金曜日発行)

------------------------------------------------------------------------
目次
------------------------------------------------------------------------
【91-1】平成28年度 研究所一般公開を実施しました


【91-2】お知らせ
 1. 平成28年度 安全衛生技術講演会のお知らせ(第一報)
 2. Industrial Health Vol.54 No.2の発行・公開
 3. 韓国国民安全庁国立災難安全研究院一行の当研究所訪問


【91-3】新人研究員の自己紹介

▼▼

--------------------------------------------------------------------------
【91-1】平成28年度 研究所一般公開を実施しました
 4月20日(水)及び24日(日)に、清瀬地区と登戸地区で当研究所の一般公開をそれぞれ実施し、大勢の皆様にお越し頂きました。あらためて御礼申し上げます。
 公開の様子をわかりやすくまとめた記事と写真を公開いたします。参加された方々も是非ご覧頂ければと思います。また、本年度ご参加いただけなかった方々は来年の一般公開でお待ちしております。


↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2016/91-1-1.html (清瀬地区)

http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2016/91-1-2.html (登戸地区)


------------------------------------------------------------------------
【91-2】お知らせ
------------------------------------------------------------------------
1.平成28年度 安全衛生技術講演会のご案内(第一報)
 当研究所の労働安全衛生分野における研究成果を企業の安全衛生担当者や安全衛生業務に従事している方々などにお伝えし、当研究所の最先端 の研究成果や知見を安全衛生水準の向上に役立てていただくことを目的に、今年度も「安全衛生技術講演会」を東京(9月26日(月))、大阪(10月6日(木))の2か所で「労働安全衛生研究の将来への展望 」をテーマに開催いたします。
 開催時間は、いずれの会場も10時∼16時00分です。現在、参加申し込みの受付中です。プログラムの詳細につきましては、下記のホームページでご確認ください。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/announce/2016/kouen.html


2. Industrial Health Vol.54 No.2の発行・公開
 当研究所の刊行物であるINDUSTRIAL HEALTH 第54巻第2号を発行・公開しました。
 この号に掲載された論文では、交代勤務の対策として夜勤中の仮眠や自分で決めること(自己決定性)の効果が検証されています。職場のいじめやハラスメントのあり方がその後の心身の健康にどのように関連するかも明らかにしています。また、仕事と家庭の両立が長年にわたってうまくいかないことに伴って、燃え尽き症候群はどのようになるかについて、医師を対象に調べています。その他,溶接作業時の紫外線ばく露、呼吸用保護具の適切な選定に向けた医学部教育、素潜り潜水漁業の女性労働者(いわゆる海女さん)の潜水徐脈など、多岐にわたる話題があります。ぜひご一読ください。そして、読者の皆様からのご投稿もお待ちしております。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/en/indu_hel/2016.html


3. 韓国国民安全庁国立災難安全研究院一行の当研究所訪問
 3月24日・25日に韓国国民安全庁国立災難安全研究院から災難原因調査室のKimHyunju室長及び2名の研究員が当研究所(清瀬地区)を訪問されました。同研究院は韓国内における韓国内において発生した大規模事故、自然災害等、国家的に重要な災難について原因調査及び再発防止対策およびリスクマネジメントに関する研究を行うことを目的とする国立研究所です。今回の訪問は、当研究所における労働災害の調査体制および災害調査事例等に関する情報収集、研究施設の見学、意見交換ならびに今後の両機関における協力体制の構築を図ることでした。
 これを機会に、両機関の交流の機会が増加し、相互理解が進展するとともに研究の更なるレベルアップが期待されます

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2016/91-2-3.html


------------------------------------------------------------------------
【91-3】新人研究員の自己紹介
------------------------------------------------------------------------
 当研究所に新規で採用された研究員をご紹介いたします。
 平岡信隆  建設安全研究グループ 任期付研究員(1月1日付)
 遠藤雄大  電気安全研究グループ 任期付研究員(3月15日付)
 加藤伸之  作業環境研究グループ 任期付研究員(3月15日付)


↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2016/91-3.html


▼▼

------------------------------------------------------------------------
【ご注意】

* 配信停止をご希望の方は、こちらまでご返信ください。
mailmag@s.jniosh.go.jp

* なお、本メールは送信専用のアドレスから発信しております。このメールに
ご返信いただきましても対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
------------------------------------------------------------------------


刊行物・報告書等 研究成果一覧