労働安全衛生総合研究所

安衛研ニュースNo. 92 (2016-06-03)


** 本メールは労働安全衛生総合研究所に配信を登録された方に配信しています。
**次回配信予定:2016年7月1日 (毎月第一金曜日発行)

------------------------------------------------------------------------
目次
------------------------------------------------------------------------
【92-1】お知らせ
 1.平成28年度 安全衛生技術講演会のお知らせ(第二報)


【92-2】コラム
 1.『「職場の熱中症予防研究:三つの内と外」その後』
  (人間工学研究グループ 特任研究員 澤田晋一)
 2.『余震と建築物の倒壊危険性の関係について』
  (建設安全研究グループ 上席研究員 高梨成次)

▼▼

------------------------------------------------------------------------
【92-1】お知らせ
------------------------------------------------------------------------
1.平成28年度 安全衛生技術講演会のご案内(第二報)
 当研究所の最先端の研究成果や知見を企業の安全衛生担当者や安全衛生業務に 従事している方々などにお伝えし、安全衛生水準の向上に役立てていただくこと を目的に、今年度も「安全衛生技術講演会」を 東京(9月26日(月))、大阪 (10月6日(木))の2か所で「労働安全衛生研究の将来への展望 」をテーマに 開催いたします。開催時間は、いずれの会場も午前10時∼午後4時です。引き続 き参加申し込みの受付中です。プログラムの詳細につきましては、下記のホーム ページでご確認ください。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/announce/2016/kouen.html


------------------------------------------------------------------------
【92-2】コラム
------------------------------------------------------------------------
1.『「職場の熱中症予防研究:三つの内と外」その後』
  (人間工学研究グループ 特任研究員 澤田晋一)
 筆者は以前、厚生科学WEEKLY557号に、「職場の熱中症予防研究:三つの内と 外」と題する巻頭言を寄稿しました。それから4年近く経ちましたが、職場の熱 中症予防対策に関連して、国内外では様々な動きがあり、筆者も少なからず関わ りを持ってきました。そこで、筆者が間近で体験した出来事を加筆しながら、あ らためて当時の拙文を再掲させていただきたいと思います。当コラムでは2012年 から2016年現在までに筆者の身近に起こった国内外における職場の熱中症予防対 策に関連する主な話題を紹介します。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2016/92-column-2.html

2. 『余震と建築物の倒壊危険性の関係について』
    (建設安全研究グループ 上席研究員 高梨成次)
 私たちが暮らしている日本は、ご存じのとおり世界的な地震多発国であり、直 近の熊本県を中心とした地震や、5年前の東日本大震災は記憶に新しいところで す。これらの地震では、最初に発生した地震の後に震度5を超える大きさの地震 が何度も観測されたことが特徴的で、地震の型が異なっていますが、大きな余震 が何度も発生したという共通点があります。そこで今回は、余震と建築物の倒壊 危険性の関係について記したいと思います。

↓↓↓ 以下のリンク先で内容をご覧ください。 ↓↓↓
http://www.jniosh.go.jp/publication/mail_mag/2016/92-column-1.html



▼▼

------------------------------------------------------------------------
【ご注意】

* 配信停止をご希望の方は、こちらまでご返信ください。
mailmag@s.jniosh.go.jp

* なお、本メールは送信専用のアドレスから発信しております。このメールに
ご返信いただきましても対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
------------------------------------------------------------------------


刊行物・報告書等 研究成果一覧