労働安全衛生総合研究所

研究員の受賞について

 当研究所のリスク管理研究センター研究員 菅間 敦 が、平成29年6月3日から4日に行われた日本人間工学会第58回大会において、平成29年度一般社団法人日本人間工学会研究奨励賞を受賞しました。この賞は、平成28年に一般社団法人日本人間工学会誌「人間工学」(Vol.52,No.1―6)に掲載されたすべての原著論文・資料・技術報告のうち、若手研究者を中心に将来性が期待される研究成果について表彰するものです。
受賞した論文のタイトルは「最大リーチおよび作業姿勢の評価による脚立への安定した立ち方の検討」で、脚立への立ち方によって手を伸ばすことのできる距離と姿勢安定性が変わることを実験的に明らかにしたもので、人間工学の応用と実用化に向けた将来性において高く評価されました。

 受賞の対象となった論文は以下のとおりです。
 菅間敦、大西明宏.最大リーチおよび作業姿勢の評価による脚立への安定した立ち方の検討.人間工学 Vol.52,No.1,40-48,2016.





授賞式での菅間研究員と堀江良典理事長


刊行物・報告書等 研究成果一覧