特別研究報告 SRR-81-1 の抄録 | 労働安全衛生総合研究所

労働安全衛生総合研究所

特別研究報告 SRR-81-1 の抄録

強風に対する足場等の安全対策

地域別基準風速の設定

SRR-81-1-2
森宜制,木下鈞一,河尻義正
 日本全国149ヶ所の観測所で得られた風速値を基に,再現期間12ヶ月に対する期待風速を求めた。また,この結果から,全国の行政区域毎に仮設構造物に対する風荷重算出の基本となる基準風速を提案している。(表4,図3,参5)

実大実験による風荷重の検討

SRR-81-1-3
木下鈞一,河尻義正
 本研究に先だって行われた風洞実験により一応決定した風力係数等の妥当性を確認するため、実大足場による実験を行った。その結果,壁つなぎ反力の実測値と計算値はほぼ一致し,風力係数の値の妥当性が確認された。(表11,図16,参4)

水平荷重に対する壁つなぎの反力

SRR-81-1-4
森宜制,小川勝教
 1スパン11層のわく組足場を用い,壁つなぎの垂直方向の設置間隔,水平荷重の作用位置をそれぞれ変えた場合について,実大水平荷重実験を行ない水平荷重に対する壁つなぎの反力を測定した。
 その結果,最高位及び第2高位の壁つなぎの反力を求める実験式が得られた。(表1,図17,写真2,参3)

壁つなぎ用アンカーの引抜耐力

SRR-81-1-5
小川勝教
 壁つなぎ用アンカーの安全性確認のため,インサート,ホールインアンカー及びケミカルアンカーの引抜試験を行なった。その結果,コンクリートの材令とインサートの引抜耐力の関係,又,ホールインアンカー,ケミカルアンカーの施工程度と引抜耐力の関係が明らかになった。(表10,図10,写真5,参9)


刊行物・報告書等 研究成果一覧